太陽の牙 ダグラム

サンライズ

ロボットアニメに政治ドラマが組み合わさった異色の作品と、多くの所で評されているダグラムです。主人公のクリンは、地球の大物政治家である父に反発し、地球の植民惑星デロイアの独立解放戦争に身を投じます。
1981年10月~1983年3月までの全75話。今では想像できない長さでした。
視始めの頃は、CBアーマーの戦闘シーンばかり目がいきましたが、齢をとってから見直すと、宗主星(国)と植民星(地)の関係をめぐる政治・経済の設定やカシム親子の関係に頷いたり、首をひねったりしています。
そして、ダグラムは子供には重い話なんだな、と納得したり。
そんなこんなで各話の個人的な感想について綴っています。

第1話 光の戦士
第2話 始まりの銃声
第3話 デロイアの動乱
第4話 実戦のコクピット
第5話 戦時特例法205号
第6話 曉の救出作戦
第7話 ゲリラ狩り
第8話 裏切りのデロイア
第9話 ダグラム奪回
第10話 ガルシア隊参戦
第11話 遠すぎた父
第12話 ためらいの照準
第13話 敵補給部隊から奪え
第14話 やっかいな捕虜
第15話 ダグラム砂に沈む
第16話 砂漠に熱く燃えて
死に神の執念
蜃気楼の街
包囲網を破れ
偽りのグランプリ
計算された奇襲
襲撃作戦一石二鳥
狙われたゲリラ会議
サマリン救出作戦
潜入バラフ軍刑務所
振りむけば遠く…(総集編)
戦場に来たデイジー
戦火の陰の打算
ラコックの策謀
パルミナへ渡る日
パルミナの熱い風
血気はやる進軍
戦火は村々に
武器は誰がために
再会の野戦病院
塞がれた行く手
選択の渡河作戦
アンディ鉱山封鎖
封鎖山脈を越えろ
戦士の休息 前編
戦士の休息 後編
動乱の航跡(総集編)
仕組まれた背信
疑惑の二重スパイ
夢散らす銃声
術策と機略
悲しみの爆走
その名は解放軍遊撃隊
共同作戦の軋み
戦う者の掟
見えはじめた亀裂
アンディ鉱山攻撃命令
反撃の導火線
再びドガへ向けて
戦略台地を奪取せよ
スタンレー高原の攻防
ひるがえる解放旗
解き放たれた野心
威信かける海戦
デロイアの光と影
北極ポートに向けて
きざまれた光る道(総集編)
落とされた黒い滴
濁流の罠
攻略・白銀の要塞
激戦・カルナック越え
北極に散った決断
テーブルについた者達
ドナン・カシム死す
武装解除
粉飾の凱旋パレード
英雄奪回
沈黙する指導者
大いなる説得
燃えつきたあとに