いまさら 重戦機エルガイム 第7話 スクランブル

とーうとう、ミズンまで来ちまった。ダバの故郷だっつうけど、汚ったねぇ星なんだよな。レッシィの協力で無事着陸、と想いきや、しっかりミズン軍の待ち伏せだ。その時、ミズン軍を襲う謎の攻撃!パターンでも何でも助かりゃいいや。 SEE YOU AGAIN! “SCRAMBLE”

第6話 予告より

やっとの思いでミズン星にやって来たダバ・マイロード達。ですが、レッシィの通信によって迎撃されることは必至だし、ギャブレーの追撃も続いていました。そこでダバはレッシィにお願いしてミズンベース司令に対して一芝居打つことにしました。

ダバ 「ありがとう」
レッシィ 「ありがとう・・か。軍では聞けないセリフだな・・・。」

ミズンベース司令に一芝居打った後の会話

前話の船長さんへの態度といい、捕虜であるレッシィへの対応といい、ダバの礼儀正しさは見習いたいところです。「ありがとう」「お願いします」は人間関係の潤滑剤ですね。

レッシィの協力と操船スキルを得て、無事ミズン星に着陸―と思いきや、船の周囲にはしっかりポセイダル軍が控えていました。レーザー・ネットで船は拘束されてしまいました。

ダバとの約束守ろうとしてレッシィは船を出て、包囲している部隊の責任者と話し合おうとします。

交渉に向かったところ爆発に巻き込まれたレッシィを救出に飛び出したダバ。
そんな律儀さが乙女心を惹きつけます。

爆発の影響かレーザー・ネットが解けたところを逃さず、輸送船は離床し海上に脱出します。ですが今度はミズンベース司令官からの連絡を受けたギャブレット・ギャブレーの登場です。

ダバはエルガイムで出撃しますが、ヘビーメタルの不調でギャブレーのグライアに圧され、追い込まれてしまいます。

その頃、レッシィは縛めを解き、輸送船のブリッジのアムとキャオを拘束しました。そしてポセイダル軍の軍人として生きるため、グライアと戦闘中のエルガイムに主砲の照準をあわせます・・・が、彼女には撃てませんでした。

「ダバ様」とつい口走るほどに、いつしかダバに魅せられていたレッシィ。思巡るその隙に、照準の先にいたのはグライアでした。彼女の放った一撃はエルガイムではなくグライアでした。

落ち込むレッシィを尻目にアムとキャオはワークスで輸送船から出発しました。ダバはギャブレーを退けるも、スラッシュから執拗な砲撃をうけます。

そんな一行を救ったのはミズンの反乱軍の巨大フロッサー・グーガーでした。

前へ 戻る 次へ