いまさら機動戦艦ナデシコ 第25話「私らしく」自分らしく!

思い込んだら一直線 いっそ地球に見切りをつけて 信じて見よう木星の正義 でもそれは私達の正義ではなかった 熱血・友情・努力 人の数だけ正義はあった・・・

最終回を前にして、ボソンジャンプの秘密の一端が明かされた話です。九十九の死からゲキガンガを否定する天河。また、天河への想いに踏ん切りをつけたエリナさんとリョーコさん。アカツキと天河のアニメ議論も注目です。

木星側のマドンナ・・・

始まりは移住のために火星を目指している木星市民艦れいげつからでした。白鳥九十九の死を地球側による暗殺とし、彼の死を悼む言葉をつないで、地球への対抗心を煽る草壁中将。彼のアジテーションを聞きながら月臣は何を思うのでしょうか?彼はナナコさんの絵の下にあった思い出の写真を破り捨てるのでした。

親友だった頃の思い出を見て、月臣は何を思ったのでしょうか

その頃、アキト、ユリカ、イネス、リョーコは、アカツキの要請を受けてカキツバタに来ていました。到着そうそうイネスの合図で始まったのはボソンジャンプの実験でした。艦外にCCを散布しボソンフィールドを構成したカキツバタ。ナデシコから呼びかけるメグミさんの声に答えることもなく、カキツバタはジャンプしていくのでした。

火星のイメージを思い浮かべるイネスさん。この後、彼女の身体には怪しい模様が浮かび上がるのでした。

その様子を見ていたプロスペクターさんは、カキツバタの行き先を火星と断言し、その言に従ってナデシコは火星に向けて進路を取るのでした。

カキツバタが出現したのは、火星のユートピアコロニーに落下したチューリップからでした。アキトとユリカの思い出の地であるとともに火星の古代文明が残した遺跡のそばでした。

ここでアカツキのネルガルの目的が遺跡の確保であることが明らかになりましたネルガルの鉱山開発によって偶然見つけられた古代文明の遺跡「都市」。それはCCことチューリップ・クリスタルと同じ組成でつくられていて、今なお一部の稼動が確認されているもの。その活動はボソンジャンプが起きる際に活発化することが観測されていました。この遺跡のシステムを解明できればボソンジャンプの独占的使用が可能になり、将来の経済活動の根幹を支配できる。戦争終結のその先の人類を経済面から支配することを目指すものでした。

カキツバタを追ってナデシコも火星に到着しました。ユリカは「遺跡」をカキツバタと共同で確保することをアカツキに確認します。そこに、「作戦は『私らしくやらせていただきますよ』」とちゃっかり言質を取っています。そして天河、リョーコとともにナデシコへ戻ります。外ではすでに、地球連合軍も木星の大船団も火星へあと半日のところまで迫っていました。

ユリカへの態度が煮え切らない天河に、ボディブローで想いを断ち切った2人でした。

カキツバタの支援を受け、相転移砲で木星の無人機動兵器を蹴散らし、遺跡に進出したナデシコ。カキツバタが外周に陣取る木星艦隊を迎え撃つ間に、ユリカは遺跡にむけて相転移砲を発射します。遺跡をぶっ壊してしまえば戦争は終わる、そんな想いの一撃は、遺跡の強力なディストーション・フィールドの跳ねのけられてしまいました。相転移砲の連射を浴びせようとしますが、大気圏内ではエンジン効率が悪く、エネルギー切れになってしまいました。

あせるユリカに冷静に応じるルリちゃん。

ユリカの作戦は失敗。カキツバタは遺跡をナデシコから取り戻すべくエステバリス隊を発進させます。ナデシコもエステバリス隊を出撃させて応戦します。

空戦装備。もちろんディストーションフィールドを破れる槍つき!

エステバリスに乗って対峙するアカツキと天河。


アキト「木星のヤツらを見てわかった!!あれが俺の大好きだったものの正体だったんだ。倒すべき敵だ!」
アカツキ「それが見方が一方的だというんだ。いいかい?どんな人間にも立場があるように、それぞれの正義を持ってるもんさ。ちなみに僕の好きだったアニメではちゃ~んと敵にも味方にも正義があった!もっといろんなアニメを見るべきだったネエ」
アキト 「うるせーーッ!

実はアカツキさんアニメ(ガンダム)ファン?天河とは近親憎悪か?

リョーコさんたちもカキツバタのエステバリスと乱戦です。

エステバリス同士の戦闘が続く中、遺跡の最深部から連絡が入る。イネスさんはいつのまにか最深部に移動していました。そして最期のなぜなにナデシコ。ボソンジャンプが場所移動ではなく時間移動であるとの説明を始めます。彼女の結論は、遺跡がボソンジャンプのたびに起こるタイムラグを埋める役割を果たしているというものでした。

今回の表紙はイネスさん


説明を終えたイネスさんは、天河に早く最深部へ来るように言います。イネスさんの目の前には、ユートピアコロニーで天河が救えなかった小学生のアイちゃんが、今まさに現れようとしていたのでした。

視線の先にあるものは・・・

戻る