いまさら機動戦艦ナデシコ 第26話 「いつか会う貴女のために」

すべては火星から始まった。そしてすべてが終わろうとしている、のかな。最後の最後までごちゃごちゃしそうなのが私達らしいというかなんと言うか・・・

イネスからの通信を受け、カキツバタとナデシコの間は一次休戦となりました。天河とアカツキは戦闘を中断し、協力して遺跡の最深部を目指していました。
目的は、イネスが出迎えたアイちゃんに会うためでした。
イネスからの通信を聞いたユリカやルリちゃんそしてエステバリス隊の面々は、イネスの目的に気づきます。彼女・彼らは、以前(第21話の記憶マージャンの時)にイネスさんと意識が繋がった時に彼女の過去を知ったのでした。イネスさんの方も封印されていた記憶を取り戻していました。

合点がいった一同。でも1人仲間外れのエリナさん。

当人(イネスさん)に代わって解説するルリちゃん

イネスさんは成長したアイちゃんの姿。ユートピアコロニーでの戦闘の際、アイちゃんもボソンジャンプしていて、20年前の火星の砂漠に出現したところをネルガルの研究員に拾われていたのでした。

過去の自分を見つめるイネスさん。
未来の自分とは気づかず見上げるアイちゃん。

天河とアカツキのエステバリスが最後のディストーションフィールドの突破にかかった頃、新たなチューリップが火星の大地に打ち込まれました。中からは木星艦隊の艦艇群が登場。ナデシコ、カキツバタへの攻撃を開始します。

木星連合が多用するボソンジャンプは遺跡の活動を活発にします。そして、それはアイちゃんにも影響を及ぼします。徐々に輝きを増すアイちゃんの身体。結局天河たちが到着する前に、アイちゃんは何処かにジャンプさせられてしまいました。

この後、アイちゃんは頼まれていたプレートを残してジャンプしてしまうのでした。


間に合わなかった天河は、イネスにむかい「ゴメン、アイちゃん、助けられなくて……」と、今までの思いを口にしました。イネスさんも「やっと会えたね、お兄ちゃん」と20年間の思いを口にすることができた。

20年間温めてきた想いを伝えられて・・・。

遺跡の奥底で感動の対面が行われていた頃、木星艦隊はナデシコ・カキツバタに猛攻を加えていました。特に与しやすいと評価されたカキツバタに攻撃が集中し、同艦はあえなく撃沈されてしまいました。そして木星側の攻撃部隊を指揮していた月臣は、残るナデシコに対し30分以内に投降するように呼びかけるのでした。

木連の攻撃を一身に受けて撃沈されたエリナと成仏を祈るイズミ。

遺跡の中に退避したナデシコはカキツバタの乗員や天河たちを収容し、この絶体絶命のピンチに対応するための作戦会議が開かれました。
そこでユリカは、自信の手によってナデシコとYユニットの4つの相転移エンジンを暴走させ遺跡を破壊する決意を披露するのでした。遺跡がなくなれば、この戦争の原因がなくなるだけでなく今までのボソンジャンプがご破算になるかもしれないからでした。
全てをやり直すことができる。天河の重荷(アイちゃん)を取り除くことができる。そんな想いからの作戦案でした。
ですがこの案は満場一致、乗組員はおろか、思兼にまで拒否されてしまいました。

「遺跡を壊せば歴史は変る。戦争は起 きない、全てチャラ…でも、大切なものも壊してしまうじ ゃないですか」と説得するルリちゃん

結局、イネスさんの提案で遺跡のコアブロックをナデシコに積んでボソンジャンプでこの場を脱出することにしました。
展望台に集合した天河、ユリカ、イネスさんそしてルリちゃん。しかし、ジャンプの引き金となる天河、ユリカ、イネスさんのうち、ユリカの雑念がジャンプフィールドの発生を妨害していました。天河が、イネスさん=アイちゃんに責任を感じていることにハッキリと気づいてしまったことが理由です。事態を察したイネスさんは、天河とユリカにキスするように求めますが、反発するユリカは、展望台をボソンジャンプで飛び出して行ってしまいました。

イネスさんの提案(キスしろ!)に戸惑う2人。

ユリカが現れたのは、天河のエステバリスのコクピット。ユリカはナデシコから飛び出していってしまいました。天河はボソンジャンプでコクピットにジャンプ。

降機を呼びかける天河と瓜畑に対して「あかんべー」で応じるユリカ

そして始まる痴話げんか。その様子はルリちゃんの機転で敵味方問わずに送られていました。機を見て「ゲキ・ガンガー3」の最終回を見たとユリカに告げる天河。ヒドイ話だったけどゾクゾクしたこと、自分がゲキ・ガンガーを好きだった気持ちと熱血を信じた気持ちを信じたいと続け、ユリカが好きなことを伝えます。ユリカもまた「あたしはアキトが大好き」と気持ちを伝えるのでした。

世紀の痴話げんかの末に素直になった2人。


二人の気持ちが一つになたことでジャンプフィールドが形成され、ナデシコは危機を脱出しました。そして、争いの大元である遺跡のコアブロックは、木星や地球が手出しできないようナデシコの船体に載せて宇宙の彼方にすっ飛ばしてしまうのでした。

演算ユニットを載せた本船から、乗員を乗せて離脱する艦橋部分。

主要メンバーの殆どが揃っていたエンディング。いいですね。

最後は、天河とユリカによる「宇宙分け目の痴話喧嘩」でした。徹頭徹尾、ユリカの中心は天河でした。ですので「ナデシコ」らしい最終回だったと思います。ミナトさんもユキナちゃんも未来に向けて進み始めて、主要メンバーの殆どが生き残りました。(劇場版を見るまでは)ハッピーエンドだったと思えた作品でした。

おつきあいありがとうございました。

戻る

いまさら機動戦艦ナデシコ 第25話「私らしく」自分らしく!

思い込んだら一直線 いっそ地球に見切りをつけて 信じて見よう木星の正義 でもそれは私達の正義ではなかった 熱血・友情・努力 人の数だけ正義はあった・・・

最終回を前にして、ボソンジャンプの秘密の一端が明かされた話です。九十九の死からゲキガンガを否定する天河。また、天河への想いに踏ん切りをつけたエリナさんとリョーコさん。アカツキと天河のアニメ議論も注目です。

木星側のマドンナ・・・

始まりは移住のために火星を目指している木星市民艦れいげつからでした。白鳥九十九の死を地球側による暗殺とし、彼の死を悼む言葉をつないで、地球への対抗心を煽る草壁中将。彼のアジテーションを聞きながら月臣は何を思うのでしょうか?彼はナナコさんの絵の下にあった思い出の写真を破り捨てるのでした。

親友だった頃の思い出を見て、月臣は何を思ったのでしょうか

その頃、アキト、ユリカ、イネス、リョーコは、アカツキの要請を受けてカキツバタに来ていました。到着そうそうイネスの合図で始まったのはボソンジャンプの実験でした。艦外にCCを散布しボソンフィールドを構成したカキツバタ。ナデシコから呼びかけるメグミさんの声に答えることもなく、カキツバタはジャンプしていくのでした。

火星のイメージを思い浮かべるイネスさん。この後、彼女の身体には怪しい模様が浮かび上がるのでした。

その様子を見ていたプロスペクターさんは、カキツバタの行き先を火星と断言し、その言に従ってナデシコは火星に向けて進路を取るのでした。

カキツバタが出現したのは、火星のユートピアコロニーに落下したチューリップからでした。アキトとユリカの思い出の地であるとともに火星の古代文明が残した遺跡のそばでした。

ここでアカツキのネルガルの目的が遺跡の確保であることが明らかになりましたネルガルの鉱山開発によって偶然見つけられた古代文明の遺跡「都市」。それはCCことチューリップ・クリスタルと同じ組成でつくられていて、今なお一部の稼動が確認されているもの。その活動はボソンジャンプが起きる際に活発化することが観測されていました。この遺跡のシステムを解明できればボソンジャンプの独占的使用が可能になり、将来の経済活動の根幹を支配できる。戦争終結のその先の人類を経済面から支配することを目指すものでした。

カキツバタを追ってナデシコも火星に到着しました。ユリカは「遺跡」をカキツバタと共同で確保することをアカツキに確認します。そこに、「作戦は『私らしくやらせていただきますよ』」とちゃっかり言質を取っています。そして天河、リョーコとともにナデシコへ戻ります。外ではすでに、地球連合軍も木星の大船団も火星へあと半日のところまで迫っていました。

ユリカへの態度が煮え切らない天河に、ボディブローで想いを断ち切った2人でした。

カキツバタの支援を受け、相転移砲で木星の無人機動兵器を蹴散らし、遺跡に進出したナデシコ。カキツバタが外周に陣取る木星艦隊を迎え撃つ間に、ユリカは遺跡にむけて相転移砲を発射します。遺跡をぶっ壊してしまえば戦争は終わる、そんな想いの一撃は、遺跡の強力なディストーション・フィールドの跳ねのけられてしまいました。相転移砲の連射を浴びせようとしますが、大気圏内ではエンジン効率が悪く、エネルギー切れになってしまいました。

あせるユリカに冷静に応じるルリちゃん。

ユリカの作戦は失敗。カキツバタは遺跡をナデシコから取り戻すべくエステバリス隊を発進させます。ナデシコもエステバリス隊を出撃させて応戦します。

空戦装備。もちろんディストーションフィールドを破れる槍つき!

エステバリスに乗って対峙するアカツキと天河。


アキト「木星のヤツらを見てわかった!!あれが俺の大好きだったものの正体だったんだ。倒すべき敵だ!」
アカツキ「それが見方が一方的だというんだ。いいかい?どんな人間にも立場があるように、それぞれの正義を持ってるもんさ。ちなみに僕の好きだったアニメではちゃ~んと敵にも味方にも正義があった!もっといろんなアニメを見るべきだったネエ」
アキト 「うるせーーッ!

実はアカツキさんアニメ(ガンダム)ファン?天河とは近親憎悪か?

リョーコさんたちもカキツバタのエステバリスと乱戦です。

エステバリス同士の戦闘が続く中、遺跡の最深部から連絡が入る。イネスさんはいつのまにか最深部に移動していました。そして最期のなぜなにナデシコ。ボソンジャンプが場所移動ではなく時間移動であるとの説明を始めます。彼女の結論は、遺跡がボソンジャンプのたびに起こるタイムラグを埋める役割を果たしているというものでした。

今回の表紙はイネスさん


説明を終えたイネスさんは、天河に早く最深部へ来るように言います。イネスさんの目の前には、ユートピアコロニーで天河が救えなかった小学生のアイちゃんが、今まさに現れようとしていたのでした。

視線の先にあるものは・・・

戻る

いまさら機動戦艦ナデシコ 第24話 どこにでもある「正義」

みんながナデシコに帰ってきた ここが自分たちの居場所だってことに気づいて そんなこと最初からわかっていたはずなのに いちいち考えないとわからないみんなって やっぱり バカばっか

第24話は「激動」という表現がぴったりの激しい展開でした。「ゲキガンガー祭(ゲキ祭)」と称したナデシコ艦内でのお祭り騒ぎから、和平交渉の決裂と白鳥九十九の死。終盤に向けて話は急展開です。

今回の舞台はこれ!ゲキガンガー祭り!

木星艦隊のあるところから始まります。そこでは、白鳥九十九が和平交渉の使者としてナデシコを訪れる準備をしていました。そこに現れたのは彼の盟友である臣元一朗。元一朗は、地球の女性ミナト遥へ結婚を申し出ようとしていた九十九を諫めるために来たのでした。説得を試みる月臣に対し、九十九は「所詮二次元の女性だ!」と反論し、結納道具一式をカバンに詰め込んでナデシコへ向かうのでした。

ナデシコへやってきた九十九はなんと「ゲキ・ガンガー3」の特別編集版のビデオを持参していました。早速、ナデシコ乗員たちを交えた鑑賞会が開かれます。見終えたナデシコ乗員一同はこのビデオにいたく感激し、ユリカは自分たちの進む道が「ゲキガンガー」であると言い出す始末。
さらには「ゲキ・ガンガー祭り」と称する艦内祭を開催します。

「そうです。私達の進むべき道はまさ にゲキガンガーだったのですっ!」と感動するユリカ

物品販売からコスプレ、上映会まで様々な催しが行われます。そして天河は、木星との和平が成功することを祈って。今まで見ていなかった「ゲキガンガー」の最終回を見ることを心に決めるのでした。

エステバリス隊のコスプレ

ところで、九十九と遥さんは、誰もいない(実は天河とユリカがいたのですが)食堂で、キスして再会の喜びを噛みしめていました。

この後・・・むふふ

一方、ゲキ祭りで盛り上がるナデシコ側とは反対に、木星艦隊では草壁中将らによる不穏な動きが顕在化してきました。火星で古代文明の「都市」遺跡を発見したのでした。

草壁から特命を受ける月臣

「ゲキガンガー祭り」の最終日。天河は九十九らとともに最終回を見るべく上映会場に来ていました。そして、最終回の上映が始まろうとしていた矢先に、木星艦隊の接近を告げる連絡が入りました。

和平会談のためにやってきた木星連合の草壁中将らとの会談に臨むため、天河は最終回を見ることもなく護衛として九十九やユリカたちとともに、木星戦艦ゆめみづきへ向かいます。

会談の席につき、木星側の要求書を読む九十九やユリカたち。和平へ希望を胸に目を通した要求書に書かれていたのは、無条件降伏を迫るような内容でした。
要求書の白紙撤回を求める九十九でしたが、草壁の命を受けて控えていた月臣によって重傷を負ってしまいます。もちろん交渉は決裂です。

九十九 「正義は、正義はひとつのハズです」
草壁 「……そうだ。君の言う通り、正義はひとつだ」
草壁 「(TB後)悪の帝国は正義によって滅ぼされる。それがゲキガンガーの結末でもある」
草壁 「悪の帝国は滅んで当然。それがあの作品に貫かれていたテーマだ。すなわち、我々を弾圧し木星に追い遣った地球は滅んで当然!」
アキト 「そんな……」「俺達が悪の帝国だって言うのか!」
草壁 「そうだ! 正義は常にたったひとつ。我々の側にある!」

ここの九十九と草壁のやりとり。自らの側の正義のみが本当の正義、とどこかで聞いたことがある話です。

ユリカや天河たちは負傷した九十九を連れてゆめみづきを離脱しますが、艦の外でも、木星艦隊とナデシコとの間で激しい戦闘が繰り広げられていました。
多勢に無勢で被害が増えていくナデシコ。脱出してきたヒナギクの回収もままならず、万事休すかと思われたそのとき、カキツバタが現れました。
カキツバタの援護でヒナギクはナデシコに帰還することができましたが、九十九はすでに手遅れの状態でした。

ヒナギクでの退避行。

ユリカ 「相転移砲、使えますか?」
プロスペクター 「か、艦長、そんなもの使ったら和平の道は完全に断たれて…」
ユリカ 「いいんです!」
ルリ 「いいんですか?」 「本当にいいんですか」

冷静な対応とは何か?有効な対応とは?アンガーマネジメントではありませんが、仕事においても非常識な相手には一発ぶちかましたくなります。

医療ベッドの上に横たわる九十九は、和平が成功したあかつきのプロポーズでと考えていた指輪をハルカに渡し、天河には「正義を信じる心を忘れるな」と言い残し息を引き取るのでした。

「俺、何も見えてなかったんだ。好きだったから、すげえ好きだったから、都合のいいとこしか見てなかったんだ」とうなだれる天河 。 「人として大切なものが、あの作品には込められている!彼らもそれに気付いたからこそ、和平を求めて来たのです。」 と語ってくれた九十九の非業の最期。だからこそよけいに身に染みます。

戻る

いまさら機動戦艦ナデシコ 第23話 『故郷』と呼べる場所

正義って最大公約数の利益 歴史とは人の綴った都合のいい過去帳 仲よきことは素晴らしいこと とはいかないようで ホンット横やりダラケ 葬り去られる善意を連れて私達は艦を捨てた・・・

白鳥ユキナの扱いを巡って始まったナデシコ乗組員の反抗でユキナを連れてナデシコを飛び出した天河。この騒動が終わったとき、ナデシコはネルガルのヒラツカドックに係留され、乗組員の半分近くの100名ほどが艦を去っていました。ネルガル会長のアキツキは、ナデシコの早期の出撃意向を示しますが、整備や乗員の補充のため飛べない状態が続くのでした。

アキツキ、エリナは本社オフィス勤務に戻り。艦橋メンバーのうち、ゴートはアキツキの側で働き、プロスペクターとホウメイガールズは、ネルガル編集室管理の閑職に移されていました。ホウメイさんは食堂で働きながら猫(⇒ルリちゃんのこと)の世話をしていました。
天河とユリカそれにユキナ、ハルカ、ジュンの5人は、天河が地球で働いていたサセボの雪谷食堂に身を寄せていました。看板娘として働くユリカたち。多数の注文を正確に捌く堂に入った姿に、食堂の店主も感心しきりです。
メグミさんはナチュラルライチのランプ―タン役で声優の仕事に復帰していました。

声優さんに戻ったのですが・・・

自分の知る木連の人達とあまりに違うイメージに疑問を感じていたメグミさんは、ある日同僚に相談しますが、そこに現れたのはエリナさんでした。


同僚と思っていた人は、実はネルガル社員。退艦したナデシコの乗組員は、行方不明の者を除いてネルガルの監視下にありました。たまらず席を立つメグミさんの背中にエリナさんの声が響きます。
「あなた達、元ナデシコのクルーは本来なら犯罪人なのよ」、と。

さすが才媛。恋のライバル?はしっかりマークしています。

宛てもなく街を歩いていたメグミさんは、瓜畑に出会います。互いの境遇を励ましながらも、繋がらないコミュニケにナデシコが自分たちの艦でなくなったことを再認識させられるのでした。

そんなある日、艦を降りた人もそうでない人も持っていたコミュニケにルリちゃんの姿が映し出されます。

おおぉ!

ホウメイさんのサポートを受けてナデシコ艦内に隠れていたルリちゃんは、思兼に連合軍に書き換えられたフリを演じさせていたのででした。
そしてルリちゃんは語ります。
「むかし、ナデシコを『君達の船だ』って言ってた人がいました。いま、そんな気持ちしてます。…この船は… 『私達の船』です」。

その言葉を聞いて各人は行動を起こします。プロスペクターが、ゴートが、瓜畑が、そして、アキトたちがネルガルのヒラツカドッグに係留されているナデシコへと動き始めました。
逃走中で行方不明だったリョーコ、ヒカル、イズミの3人も隠しておいたエステバリスの発進準備にかかります。
天河は、雪谷食堂の主人サイゾウに別れを告げると、ユリカ、ジュン、ハルカ、ユキナとともにナデシコを目指します。

サイゾウの「女四人も連れて・・・」に「僕はどいていた方が絵になるよね…」

ハッキングでヒラツカドックは思兼とルリちゃんの管理下になり、プロスペクターらは無事にナデシコに到着しました。そこにアキツキの元からナデシコのマスターキーを奪ったゴートが合流。メグミやリョーコのエステバリスに乗ったユリカが到着したところで、ナデシコは発進します。
そして各地に散った元乗組員、天河や瓜畑たちを収容して木星艦隊を目指すことになりました。もちろん目的は和平の道を模索するため、ユキナの兄・白鳥九十九に会うためでした。

力強く目的地を指さす・・はずのユキナでしたが 
「まあね…」と応えるルリちゃん。


連合軍の防衛ラインを攻撃中止コードの入力で無力化したナデシコは大気圏を離脱して一路木星艦隊に向かいます。
出し抜かれたアキツキたちですが、ユリカたちの行動は想定の範囲内のようです。すぐさまナデシコ3番艦カキツバタに出撃準備を指示します。その側にはなぜかイネスさんがいたのでした。

戻る