いまさら機動戦艦ナデシコ 第22話 「来訪者」を守り抜け?

過去って名前の亡霊さんに支えられているみんなの今。今があるから未来がある。過去は未来への始まり。亡霊さんが成仏したら 未来への糧 ってやつになるのかしらね・・・

ボソンジャンプの実験を拒む天河。それを追いかけるエレナさん。危うく木連の使者を乗せたシャトルに衝突しそうになりましたが、使者としてシャトルに乗っていた ユキナを無事に収容しました。
ユキナは 記憶喪失のふりをしていましたが、イネスさんにはバレバレのようでした。彼女の目的は和平交渉などではなく、兄・九十九を誑かしたミナトさんでした。

身分証(学生証)は返してもらえましたが・・・規則違反を見咎められた学生さんですね。

自分の栄達のため?のボソンジャンプの実現に不可欠な天河を追いかけて、エレナさんは天河の部屋で待ち伏せです。着替える天河のことは気にせずに説得を続ける彼女は、ついCC(チューリップクリスタル)の実験に絡む天河の父の死について口走ってしまいます。そのエレナさんを上半身裸の天河が問い詰めますが、彼女は慌てて天河の部屋を出て行くのでした。

迫る天河。赤面するエリナ。これだけ見ると・・

痴話げんかですね。
怒って出っていくエリナさん。

ユキナは監視の目が緩んだところで行動を開始します。目指すは遥・ミナトさん。その姿を求めてナデシコ艦内を巡っていました。

腹が減っては・・・と食堂に忍び込むユキナでした。


そして、ナデシコ温泉の前を通り過ぎようとしたとき、中からの聞き覚えのある声で足を止めます。
中では、一時木連の捕囚の身(実際は好待遇)だったメグミさんと遥さんがいました。

ユキナは湯船の中に潜んで遥さんを待ち伏せるのですが、のぼせ上がって敢え無くダウン。

逆に遥さんに介抱されることになってしまいます。


そこでの、爆弾での差し違えまがいの行動を優しく諫められ、ユキナは考えを改めるのでした。

ユキナが用意したのは、ボソンジャンプを応用した?超光速通信機でした。本来の目的とは違うのですが、ユキナは、九十九と遥に会話に機会を設けたのでした。

久方の再会に照れる九十九と涙する遥さん。「あ、れ、何でだろ…おかしいのに…」はあの早瀬未沙さんのセリフを思い出します。

「どうしたんだろ…おかしいね…涙が止まりませんよ」 早瀬さんの言葉(愛おぼえていますか )に聞こえてしまいました。

2人の様子を見ていたユリカはある決定を下します。それは木連との和平を実現すること。そのために、ユキナをナデシコで保護し、軍やネルガル上層部の説得を進めることにしました。

その時、ユリカの父コウイチロウが指揮する連合軍の艦艇群が出現しナデシコを包囲します。ユキナの引き渡しを求めるコウイチロウにユリカは理由を問い質すすのですが回答は得られません。
そこでユリカは威嚇のためにグラビティ・ブラストの射撃も命じます。が、発射体制に入ったところで正体を明かしたアカツキがメインキーを抜いたため、ナデシコは機関停止してしまいます。

父コウイチロウに「胸が大きく・・」と言われて困ってしまうユリカ。

ネルガル会長であるアカツキはナデシコを指揮下に置くことを宣言します。そして事態を穏便に済ますためにコウイチロウが乗艦してきました。

「心配するな。父親として悪いようにはせん」というコウイチロウ提督。ここにユリカ艦長・提督・アカツキ会長による三者会談という駆け引きが始まります。世間話から始まった会談ですが、コウイチロウは火星からの軍の撤退・クーデター・天河の父の死の関係をアカツキに問います。そこには以前の娘からの質問へ答えるためであったかもしれません。その質問への回答は、なんとプロスペクターさんの口から語られたのでした。それも艦内放送のおまけつきで。
事の真相が火星のボゾンジャンプテクノロジーの独占のため、それを発表しようとするテンカワ夫妻をネルガルが殺害したというものでした。さらに、ユキナを亡きものとして和平交渉には応じないことも明らかになりました。

事実が明らかになったことを確かめたかのような「というわけです。みなさん」のプロスペクターさんの言葉を合図に、ゴートさんが銃を撃ち、提督がアカツキくんを倒して内紛が始まります。

艦内放送によって三者会談はユキナを保護して艦内に隠れた天河の知ることとなります。2人を見つけたエリナさんは、天河を引き留めようと涙ながらに説得します。そこには、自分の目的のためではなく、好きな男性を想う女性の・・・を感じました。

ナデシコからの脱出を!

そんなエリナさんの説得に応じず、天河はユキナを連れて脱出を試みます。

その目に映るものは・・・、好意を抱く男性ですか?

リョーコ・ヒカリ・イズミの援護もあり、2人はエステバリスに乗り込み、ナデシコを飛び出すのでした。

戻る