ハイスクール・フリート 劇場版を見てきました

TV版の製作会社が無くなってしまいましたが、劇場版が公開されています。遅まきながら見てきました。

引用 劇場版ハイスクール・フリート特報より
© AAS/海上安全整備局
© AAS/新海上安全整備局

感想を書いて見ます。ネタバレになるかもしれません。

ハイスクール・フリートといえば少女たちと軍艦の組み合わせ。少女たちの学園生活を描いた部分と飛行機が出てこない世界における水上艦の活躍が描かれています。大艦巨砲も。

映画でもこの2つは健在でした。

引用 劇場版ハイスクール・フリート特報より
© AAS/海上安全整備局
© AAS/新海上安全整備局
引用 劇場版ハイスクール・フリート特報より
© AAS/海上安全整備局
© AAS/新海上安全整備局

「みけちゃん」「もかちゃん」の幼馴染 ペ アは健在です。もちろん「しろちゃん」も。でも映画ではしろちゃんの出処進退がポイントになります。
また、パンフレットによれば「お色気」を含んだシーンが3つあるそうですが、私には2つしか見つけられませんでした。そのひとつがこれ。水着武闘(剣道)です。

引用 劇場版ハイスクール・フリート特報より
© AAS/海上安全整備局
© AAS/新海上安全整備局

さて、今回も軍事面での危機が発生し、その対応に晴風が活躍します。

引用 劇場版ハイスクール・フリート特報より
© AAS/海上安全整備局
© AAS/新海上安全整備局
引用 劇場版ハイスクール・フリート特報より
© AAS/海上安全整備局
© AAS/新海上安全整備局

ミリタリーファンのためには大和型戦艦4隻が揃って参戦します。学生の航洋艦の出撃の前に、敵側による廃船を使った横須賀港の閉塞が行われ、ブルーマーメイドの艦艇が閉じ込められてしまいました。旅順港閉塞作戦をモチーフにしたのでしょうか?幸いにも犠牲者は出なかったようです。

引用 劇場版ハイスクール・フリート特報より
© AAS/海上安全整備局
© AAS/新海上安全整備局

TV版ではあまり活躍できなかったもかちゃんでしたが、劇場版では射撃指揮で素晴らしい技量を発揮します。それを引き立てるのが描写の進化でした。

TV版での武蔵の発砲シーンです。

戦時中の武蔵の発砲時の写真
永橋爲茂氏の写真らしい

NHK特集(と思われ)の1シーン。 
映画での描写はこれに似ていました。特に砲口爆風によって海面の波立様子が緻密でした。

出演キャラの間の信頼・友情関係のストーリー、そして悩みと武骨で緻密な軍艦の描画に満足できた映画でした。