いまさら機動戦艦ナデシコ 第18話 水の音は「私」の音

ナデシコは今日も戦っています 戦いが好きだろうと嫌いだろうと 戦いを終わらせるためには戦うしかない みんなそう思って戦っています でも この先どのくらい続くのか だれも・・・

コスモスでの修理を終えて、地球に降下してからもナデシコの闘いの日々は続いています。本話は、そんな日々の中、ルリちゃんが「自分について」見つけた話です。

木星連合との戦いの合間に、ルリちゃんは歴史を眺めていました。その殆どが戦いばかりで、これからの戦いばかりの人生を想って憂鬱そうです。そんな彼女のもう一つの悩みが自分の過去。今までに何度も問うたことを改めて思兼に問うてみても、返ってくるのはいつもと同じ。自分が知っていることばかりです。両親と思しき人影と自分を褒める声。それと水音。知りたい父と母の記憶は空白でした。

そこに中立国であり、世界屈指の銀行をもつピースランドからの使者がナデシコを訪れます。銀行と金庫(そして上司)を恐れるプロスペクターさんに促され、ユリカとルリちゃんの3人で迎え入れます。
ナデシコに乗艦し3人の前に立った使者はルリちゃんの前で跪き、ルリちゃんのことを「姫」と呼ぶのでした。驚く3人。場所を貴賓室に移して会談が行われるのでした。
そこで明らかになったには、ルリちゃんの両親はピースランド国王夫妻。彼女は体外受精で生を受けたのですが、医療機関がテロリストに襲われたことで行方不明になっていたとのことでした。
使者の言葉に戸惑いながらもルリちゃんは両親(であるであろう)国王夫妻に会うことにします。プロスペクターさんの計らいで、天河がナイト役(護衛)を兼ねてエステバリスでピースランドへ向かうのでした。

ピースランドの宮殿では国王夫妻と兄弟たちが2人の到着を歓迎してくれました。涙を流しながらリルちゃんの手を取る国王と、やはり泣きながらその姿を見守る女王。家族に加わり王国で暮らすように進めるます。でも「何か違う」と感じたルリちゃんは、考える時間が欲しいといって、宮殿を辞するのでした。

涙の再会・・のはずですが、「違う」と感じるルリちゃんでした

そして、ナデシコの皆に頼まれた買い物をしたルリちゃんと天河は、イタリアンレストランに入ります。でも、出てきた料理のまずさを指摘したことで店主らと喧嘩になり、天河がボコボコにされたのでした。
騒動を逃れた2人は公園の噴水の前でひと息ついていました。事の発端をつくったことで謝罪するルリちゃんに応える天河。料理のまずさで意見が一致し、思わあず笑いがこぼれます。

翌日、国王から自分の育った場所を教えてもらったルリちゃんと天河は、エステバリスでスカンジナビアのフィヨルドに向かいます。教えられた場所に着くと、そこは廃屋と化した研究施設でした。中を見て見ても使われている形跡はみられません。そこに「ルリさんだね。私に会いに来ると、国王から」と声を掛ける男性が現れました。
その男が語った内容は、受精卵の状態でやってきたルリちゃんが遺伝子操作を受け、特定の能力を開発された存在であること。
ルリが記憶しいた育ての親と思しき人影についても、それがただただ誉めるだけで叱ることをしないプログラムであったことを彼は話すのでした。さらに子供に決して起こらないよい両親であるとも。

ルリちゃんは、
「ありがとう、生かしてくれて……でも、こんなことまで誰も頼みはしない」
と礼をいいながらも、男の頬をはたくのでした。

乙女の感謝と悲しみと怒りとその他もろもろが一緒くたになってのことでしょう。

古びた椅子に座って物思いにふけるルリちゃん。ようやく知り得た過去ですが気持ちがついていかないようです。
そこに聞こえてきたのは、記憶にある水の音。その音を追って外に飛び出したルリちゃんは川を泳ぐ鮭達を目にします。
結局ルリちゃんはナデシコへ戻りました。バカばっかですが、それでもそこが自分の居場所であると感じたから。

戻る