いまさら機動戦艦ナデシコ 第15話 遠い星からきた「彼氏」

開けちゃいけないパンドラの箱 それでも開けずにいられないのが人間ってわけで 開いてみれば出てきたのはまるでゲキ・ガンガー あれ これってリアルロボットアニメじゃなかったわけ わたしたちいったいどこへ行くんだろう・・・

第14話は前半のまとめでした。本話は第13話からの続きです。ナデシコはボソンジャンプをした天河を収容するため月に向かっていました。

地球のネルガル支部での戦闘で撃破・回収した敵ロボット。コクピットにはなぜかゲキガンガーのコミックが置いてあるのでした。明らかに誰かが操縦していた痕跡が見られる状況の中、ムネタケ(提督)は整備班を含めた警備班に艦内捜索を命じます。普通の艦なら妥当な命令なのですが、ここはナデシコ。後々の彼の立場に影響を及ぼしますが、それは後ほど。

エリナ嬢は、娯楽室でプロスペクターと雑談中。月に向かうことを意外に思うプロスペクターに、エリナは有人ボソンジャンプの研究のためと打ち明けます。が、そこに割って入ったユリカ館長。天河のことになると無鉄砲になるユリカに、エリナは自身のプランを説明しはじめます。そこに説明好きなイネスさんが加わります。

艦橋の方では、ゴートと遥さんがなにやら大人の男女のナイショ話をしていました。艦を降りるよう勧めるゴートに対し、遥さんは不満そう。話の雲行きが怪しくなってきたところで、ルリちゃんの存在に気づいた2人は、気まずい沈黙に陥ります。
そこにルリちゃん”大丈夫ですよ。あたし少女だから大人の話はよくわかりません”。きっぱりと言われたところで遥さんは艦橋から出て行ってしまいました。

エリナさんとユリカの議論は女湯に場所を移していました。イネスさんの他に艦橋から出てきた遥さんとパイロット3人娘も加わっての議論は、ユリカのビジョンについて話題が移っていました。ナデシコでなにをしたいのか問うエリナ嬢に対して、ユリカはナデシコと天河を守りたいと語ります。

女湯(サウナ)での議論で考え込むユリカ。基本はあくまで”明人ファースト”?

女性陣7人が集う女湯の更衣室を除いている人影がありました。それは瓜畑ら整備班の面々。あまりの光景に”死んでもいい”なんてつぶやいて覗き続けていた瓜畑。でも、ヒカルに見つかってしまいました。そして他の6人にも。そして、瓜畑の供述によって、ムネタケが覗きの主犯にされてしまうのでした。

警戒態勢となったナデシコの艦内で、遥さんはメグミさんの部屋に潜伏していた敵のパイロットに出くわします。メグミが以前出演していた番組のキャラクター”うさたん”に仮装していた敵パイロットは、ゲキガンガー第13話 聖夜の悲劇に感激して正体を晒してしまいました。
でも負傷していたパイロットを見た2人は、取り敢えず人目につかない場所に移動しようとします。
ランドリーワゴンの中に彼を潜ませて艦内を進む2人は、ゴートに見咎められてしまいます。先ほどの話の余韻でしょうか、遥さんにゴートが手を挙げたかのように見えた時、制止しようとカートの中で立ち上がった彼は、警備班に取り押さえられてしまうのでした。

艦内の一室に集められた関係者たち。DNA解析の結果、敵の正体は人間でした。有史以来、火星以遠に進出していないはずなのに・・・。そこに、月面上で天河のエステバリスが敵ロボットと交戦中の報せがはいりました。

月にジャンプした天河は、ネルガルの調査を受けるとともに、月の食堂に住み込みで働いていました。穏やかな時間を過ごしていた天河たちのところに、ネルガルの月施設で建造されているナデシコ型4番艦ヒナギクの完成を阻止するために敵の人型ロボットが送り込まれてきました。
施設と周辺の居住区で暴れるロボットを阻止するため、天河は月面フレームのエステバリスで出撃します。
グラビティブラストで建物を破壊していく敵ロボット。右腕を失いながらも、渾身の左ストレートをグラビティブラスト射出口に打ち込んだ天河。入って来た通信で敵パイロットが人間でることを知るのでした。

ナデシコでは、ナガレが敵パイロットを射殺しようしていたのを遥とメグミが阻止します。そして駆けつけたジュンを傷つけ3人で逃走しました。ナガレ、リョーコ、ユリカらヒナギクによる追跡隊に加わった天河。敵の正体を知った彼の表情は険しいものでした。

今まで謎だった敵の正体の判明。敵捕虜の逃走を手伝い存在感が増した遥ミナトさん。戦う決意を固めた天河でした。

戻る