いまさら機動戦艦ナデシコ 第9話 奇跡の作戦「キスか?」

いろいろごちゃごちゃあった末に、みんな何となく戦う目的とかってものを見つけたような見つけないような。ま、どーでもいいけどこれ以上暑苦しいメンバー増やして、どーするの?ネルガルさん!

ネルガルと地球連合軍の提携の結果、連合軍の管轄下になったナデシコ。軍から派遣されてきたのは、ガイ(山田さん)の事件に関わっていたムネタケでした。それも”提督”としてです。
ガイの件を納得できていない明人はエリナに諭されて渋々ブリーフィングに参加します。軍の命令でも承諾できない場合は拒否すると、強く出るユリカに、ムネタケが提示にた任務は、救助活動。北極海域の孤島に取り残された某国の親善大使を救出するというものでした。あまりに容易な内容に空気が緩んだ参加者は、皆ユリカと明人の微妙な関係に注目します。
目的地に着くまで暇な乗組員たち。アカツキは明人をエステバリスのシュミレーターに誘います。模擬戦の最中にアカツキは明人にユリカとの仲を問い、明人の煮えきらない態度にアカツキは、それならユリカを貰おう、と挑戦ともとれる発言をします。
その後、明人はメグミにバーチャルルームに誘われます。21世紀前半の学園生活体験のなかで、メグミは明人にアタックを掛けます。

アダルト設定故か?
胸元をちらつかせるのは定番です。


その頃、ユリカは2人きりで過ごしている明人とメグミのことを考えて落ち着きません。ヤキモキしていて誤って発砲したグラビティ・ブラストは、敵はの無人兵器の来襲を招くとともに、バーチャルルームにおけるメグミの猛チャージを終わらせることになりました。
しかし、この行動は本来容易だったはずの任務を困難なものに変えてしまいました。落ち込むユリカを見た明人は、彼女をバーチャルルームに連れていきます。システムを起動し、彼女を支えるため明人が告白&キスしようとしますが、ユリカはこれを拒みます。「明人は私の逃げ場じゃない・・・」と甘える道を断った潔さでもってユリカは立ち直ります。

キスを拒むユリカ。
男としては辛いですよね。


一度は後退し、別ルートを進むナデシコをゲンゴロウ部隊が襲います。出撃した明人は悪天候ゆえの視界に苦戦するも、ラビットライフルの予備弾倉を敢えて破壊し、その爆発光を利用してゲンゴロウを捕捉してゲキガンフレアをぶち込みます。
明人機のエネルギー残量と帰還を心待ちにする一同。そこにエステバリスからの無線が入ります。親善大使の白熊を連れて帰還した明人。駆け寄るメグミを制し、ユリカへ帰還の報告をするアキトでした。

ユリカとメグミの明人を巡っての今回の勝負は、取り敢えずユリカの優勢でしょう。

戻る