いまさら機動戦艦ナデシコ 第5話 リルちゃんの航海日誌

火星に向かって進んでるナデシコ 新しく加わったパイロットたちも期待通りのバカばっか。おまけに何だか自分勝手に盛り上がってる人たちもいるんだけど、みーんなホントにやる気あるんだかないんだか・・・

似たようなタイトルの文庫本を最近中古で購入しました。これから読み込んでいこうと思います。本話の方は、サツキミドリ2号で補給を受け取ったナデシコでの騒動です。

最新式の戦艦は省力化・無人化が進んでいてオペレーターのルリちゃんと通信士のメグミさんがいれば十分。現実世界でも無人化が進んでいますから、ナデシコができるころには、そんなものかもしれません。

またそんなものかな~と思うのがお葬式。プロスペクターさん曰く「結婚式と葬式だけはなかなか値切れませんから~」というのは言い得て妙です。そして経費削減のため、使えるもの(暇している艦長、副長など)を使って行うのは、民間企業の一面をよく表しています。ほんと実感します。
裏方の大変さも軽やかな描写で表現しています。葬儀後の宴会の準備も大変ですよね、いろいろと。

僧侶として神父として神主としてはたまた巫女として大忙しの艦長でした。

民間が運営する戦艦ならではの細かい規則に笑えます。それは契約書に書かれていた艦内での男女交際に関わる規則。大人の男女が閉鎖空間内に長期間過ごすのですから、双方の思いはわかります。現実世界の某組織でも、男女関係のことが新聞で取り上げられていましたね。
「でも、いまどき契約書よく読んでサインするやついるか?」というウリバタケさん。あんた悪徳商法にひっかかりますよ。

葬式後の宴会の準備の最中に、ホウメイさんの思いをしっかり描いていましたね。地球は狭いようで広い、はよいセリフです。

もう一つ

第二次大戦以降、名艦長と呼ばれる艦長は出現していない。現代のように戦闘がメカニックでシステム化した時代は、わずか一艦の長の決断で戦闘の優劣を決める力はない。艦長は、戦艦のシンボルのような象徴、ないし戦闘員の不平不満を気持ちよく吸収される役目がとれればよい。

なんて、中間管理職の役目とそっくりですね。と思っている内に、舞台は火星宙域、敵の制宙圏内。攻撃も本格的なものとなり、さぁどうしましょう?

戻る