いまさらマクロスΔ(デルタ)第25話 星の歌い手

第25話 星の唄い手です。

ウィンダミアの遺跡を破壊する作戦は、マキナの負傷と三雲が捕らわれ失敗に終わりました。ロイドに強制された三雲の「星の歌」は銀河中に伝わったが、フレイアの言葉を借りれば、それは「闇の色」であった。





マキナの負傷は重くライブはしばらく不可能とのこと。レイナは、ワルキューレやΔ小隊のメンバーを集め、VF-22から回収・復元したデータを皆に示すのでした。
その結果、ハヤテの父ライトは特務諜報員であり、次元兵器による被害を最小にするため、命令に逆らって行動していたことが明らかになりました。

 

そしてケイオスはイプシロン財団のベルガーの訪問を受けます。彼のもたらした情報は驚くべき物でした。三雲は7年前にウィンダミアから持ち出した細胞片から復元した星の唄い手であることが明らかにされました。

ウィンダミア側では、ロイドが「星の唄い手」を使用した作戦の説明を行っていました。ラグナに出現した「星の神殿」で「星の唄い手」を唄わせることで銀河を制する、という案に、空中騎士団の面々は反対の意向を示します。
しかし、ハインツが自らの身体の老化状況を示しながらの指示に、作戦を承諾するのでした。

 

一方、新統合軍は次元兵器を装備した艦隊を球状星団に派遣してきました。これはベルガーの仕組んだものでした。新統合軍の艦隊を迎え撃つため、ハインツ以下ウィンダミア側もラグナに向かうのでした。

 

ケイオスにはレディMからラグナ防衛の指令が届きます。戦いへの準備にみなが励むなか、ブリッジではカナメとアラドがそれぞれの戦争終結後の夢について語ります。そして互いに生き残ることを誓うのでした。

フレイアに会ったミラージュは、彼女の手に現れた印に気づきます。ジークフリートの格納庫でハヤテに会ったミラージュは、フレイアに会って話をすることを勧めます。

ミラージュの勧めに従ってフレイアを探すハヤテは、展望台にいるフレイアを見つけます。そしてハヤテ宛に届けられた荷物を、ハヤテの父から送られてきた品々を二人で眺めるのでした。

「愛おぼえていますか」をBGMにフレイアを守ることを誓うハヤテ、メッサ―の形見を1人眺めるカナメ。互いに寄り添うマキナとレイナ。激しい戦いの前の静かな時間が流れていきます。

 

先手を取ったのはウィンダミア側でした。シグルバレス内のシステムを用いた星の唄い手による生体フォールド波による攻撃は、侵攻する新統合軍艦隊の兵士たちをコントロールし、自らの次元兵器で壊滅させるたのでした。

 




ベルガーが語るバジュラ戦役後の話の中に、メガロード1のことがありました。レディMの正体は誰なのか?ベルガーが評価する程の戦略を取れる女性はあの人なのでしょうか?