いまさらマクロスΔ(デルタ) 第22話 極限 ブレイブ

第22話 「極限 ブレイブ」です。

「星の唄い手」の情報を得たロイドは宮殿を閉鎖しました。ウィンダミア側では、ハインツの容態への不安が募っているようです。ハインツの寝所におけるキースとハインツの会話からは、ロイドのやり方に対するキースの疑問が感じられます。

ケイオス側では作戦準備中です。デストロイドなど機材が搬入される中、ハヤテはミラージュの決意を聞かされます。





そして作戦(コンサート)前におけるワルキューレの控室内の様子が描かれていました。なんとも艶のあるシーンですね。あの肌に付けているのは、薄いフィルムみたいなものなのかな?そこに衣装を投影(?)するのですね。また、スカート内のロケットの装着状況がよくわかります。

展望室では話題の2人、ハヤテと三雲が談話中です。三雲はフレイアとハヤテの「繋がり」について、ハヤテは三雲と遺跡の「繋がり」について感想を語ります。話すことで気持ちの整理がついたのでしょう。2人はブリーフィングへ向かいます。

ブリーフィングの場にはΔ小隊とワルキューレが一同に会していました。作戦の要旨の説明のあとエリシオン艦長アーネストの檄が飛びます。

作戦はヴォルドール駐留部隊とマクロスエリシオンによるランドールへ攻撃で始まりました。陽動となるこの作戦では、デストロイドモンスターの活躍が見られました。

ヴォルドールが戦い真っ盛りの中、Δ小隊とワルキューレたちは、アルヴヘイムの遺跡に到着し、遺跡のシステムを動かすために戦術ライブを始めます。
しかし、フレイアがハヤテのことが気になり本気で歌えません。不安定な面てあるでは安定した生体フォールド波を生み出せず、遺跡は反応しないのでした。

ケイオス側の意図に気づいた空中騎士団はテオ・ザオ・カシムの3機を送り込んできました。緊迫した状況で、ハヤテ、ミラージュ、三雲ら他のメンバーの励ましを受けたフレイアは、今度は本気の唄でした。

その唄声はハヤテを暴走させかけますが、ミラージュのがんばりで回避します。そして、フレイアと三雲が生み出す生体フォールドは遺跡を起動させ、ヴォルドールへの次元回廊が開きました。

すかさず回廊に飛び込むΔ小隊とワルキューレたち。それを追う空中騎士団の3機は、殿のチャックはテオ機を脱落させることに成功しました。
しかし、ザオとカシムが追跡に成功し、回廊から出たウィンダミアの雪空で再び戦闘が始まりました。被弾したシャトルから放り出されたカナメとフレイアでしたが、それぞれアラドとミラージュ機に受け止めてもらえました。
ザオが白騎士と見間違うほどの操縦の冴えを見せたカシムですが、それは彼の最期の空技でした。

自機の照準にハヤテを捉えたカシムでしたが、そこで彼の寿命が尽きてしまいます。急に失速して落下していきます。
立場が代わりカシム機を追うハヤテは、機体を立て直すようカシムに呼びかけます。前方に見えたりんごの林への不時着で難を逃れられるとハヤテが安堵した時、それを良しとしないカシムは、操縦桿を倒し、雪原に急角度で突入しました。
着地の衝撃で大破したカシムのドラケン。ハヤテはGAWARK形態で着地したVF-31から飛び降り、カシムの安否を確かめようとコクピットに駆け寄ります。

しかし、カシムは、ルンがこと切れる寸前でした。ハヤテと、続いて駆けつけたフレイアとミラージュの目前で、彼は事切れたのでした。故郷にいる息子の面影を抱きながら。