いまさらマクロスΔ(デルタ) 第20話 衝撃 エクスペリメント

第20話 衝撃 エクスペリメント

ヴォルドールでの出来事は、いろいろな方面に影響を及ぼしました。ケイオス側では、フレイアの歌により起きた共鳴現象を調査するための実験が行われていました。「共鳴現象はヴァール化につながる現象」と疑う調査班。
それを否定するハヤテだが、フレイアは共鳴を恐れて歌うことができませんでした。結局、実験は不調に終わり、共鳴の影響が判明しない中、ハヤテは飛行禁止処分になりました。





ウィンダミアでもヴォルドールでの件は問題にされていました。
イプシロン財団のベルガーは、今度はウィンダミア側でロイドとなにやら密談です。

ハインツは、先の遺跡での戦闘における三雲との精神感応で圧倒されたことを気に病んでいる様子です。その後居室に、ロイドとキースの訪問を受けます。

キースは従医が変わったこととロイドの挙動になにかを感じたようです。ウィンダミアで一番の商家と自称するユッシラ兄弟に何やら調査を依頼するのでした。

マキナとレイナは何かを求めてハッキングを始めていました。目的は三雲の居場所。医療船内部の配置情報を入手したところでカナメさんに見つかってしまいました。
呆れた表情で2人の行動を問うカナメさん。三雲への思いを話し理解を求めるマキナとレイナに、協力を申し出るのでした。

フレイアとハヤテの共鳴試験は、その後も失敗続き。実験後の裸喰娘娘で、うじうじしているフレイアとハヤテ。互いに「歌うのをやめる」「飛ぶのをやめる」と相手のために身を引くことを言い出します。

そのようすを見ていたミラージュさんはとうとうブチ切れてしまいます。歌うこと、飛ぶことを諭すのでした。そして2人に「大切な仲間」「大好きだから」と思いを伝えるのですが。「大好きだから」はハヤテに向けられたものなのでしょうか?行ってしまってから複雑な表情を浮かべるミラージュさんでした。

侵入作戦のフォーメンションは、病人を演じるカナメを看護婦に変装したマキナが搬送します。レイナはコンソールルームからバックアップ。

病院船への侵入は成功したのですが、三雲がいると思われる区画の前で時間で変化するIDに行く手を阻まれてしまいます。警備員に正体を怪しまれた2人は強行手段に出ます。

マキナが警備員を抑えている間にカナメが病棟内に駆けこんでいきます。一方、レイナのいるコンソールルームは武装した警備員に押し入られてしまいます。やむなく投降するレイナですが、僅かな隙にハッキングプログラムを実行させるのでした。


病棟内に侵入したカナメの方は、警備網に行く手を阻まれます。手詰まりのところでカナメさんがとった行動は、大胆にも自分の歌声で三雲を探すことでした。ホログラム(立体映像)でドローンを引き付けた隙に通路に飛び出したカナメさん。「破滅の純情」を唄いながら通路を駆け抜けていきます。

そしてある扉の前に到着。レイナのプログラムでロックが解除された部屋の中には、カプセル内に浮かび歌を口ずさむ三雲がいたのでした。





以前のぱっとしない頃の2人に戻ってしまたフレイアとハヤテ。それを見かねたミラージュさんは、保護者的な役回りになってしまいました。
”戦術”の言葉が付くだけあってカナメ、マキナ、レイナって過激な行動にでる人達だったんですね。