いまさらマクロスΔ(デルタ) 第19話 Eternal Songs

第19話 Eternal Songsです。

ヴォルドールでの出来事、三雲が発した強烈な生体フォールド波によって、ヴォルドールの遺跡は破壊され、市民は解放されました。作戦の目的はは達しましたが、フレイアの歌と共鳴したハヤテは意識不明。同じく意識不明の三雲は、検査(調査?)のため医療チームによって隔離されてしまいました。




2人を心配するフレイアとミラージュの側に、道に迷ったふりをして1人の男が近づきました。

男の正体は、イプシロン財団ブリージンガル方面統括ベルガー・ストーン。新統合政府の許可を受けてケイオスともウィンダミアとも取引のある人物です。何とSv262ドラケンを開発し供給していました。

三雲の安否に関心を持つ彼は、ケイオスの主要メンバーとワルキューレのメンバーに自説を披露します。それは「歌は兵器である」というものでした。
ベルガーは、過去の事件を並べて自説を説明していきます。
2009年の第一次星間戦争、2040年のシャロン・アップル事件、

2045年のマクロス7船団と謎の生命体との紛争、2059年のマクロスフロンティア船団とバジュラの遭遇。

そして異次元に旅立ったバジュラが宿していたフォールド細菌は人体に移り住み、細菌が発する生体フォールド波は人体の精神に影響を及ぼすヴァール症候群の原因となった。

一方、フォールド波に耐性を持つレセプターを持つ人が増えていたのでした。(この情報はケイオス内において指揮官クラスまでのもの。超~差別!とふくれるレイナ)生体フォールド波を発生させる一番の条件は「命懸けで歌う」こと。

ベルガーは続けます。なぜ歌なのか?彼の達した結論は、「プロトカルチャーは歌が精神に及ぼす効果に着目して開発した(人の)意思に干渉する兵器である」というものでした。さらに精神面の干渉だけではなく、肉体の力を限界まで引き出すことができることを指摘するのでした。
場所が変わってウィンダミア側でも先の戦闘で起きた不可解な事についてキースとロイドが議論していました。そsこでロイドは、ウィンダミア人のルンには微量の生体フォールドクォーツとレセプターが在ること、三雲が急速に成長していてフォールド波は異質であることを話します。そしてウィンダミアで起きたことは想定外の事態であったと釈明し謝罪するのでした。


多くの事例を並べて自説を語るベルガー。彼の話の最終的な論点は三雲の正体。ケイオスのメインスポンサーであるレディMが歌を使った兵器を開発していること。その容姿が人型である可能性があることと絡めて、疑問として皆に問うのでした。

理性というより感情的な面で反発を強めるケイオスとワルキューレの面々。険悪な雰囲気となった空気は”荷物の搬入終了”の報せで断ち切られました。それを機に退席するベルガー。

重い話に悩む面々。フレイアは1人考え込み、ミラージュはハヤテの元を訪れ、眠っている彼に不安な心情をぶつけます。・・・が、途中でハヤテの意識が戻りあたふたします。イレギュラーに弱い(好機を生かせない)ところはいつものミラージュ。

ロイドと別れたキースにハインツの従医が近づきます。キースになにかを伝えようとしたところで衛兵の存在に気づき慌てて立ち去っていくのでした。





歌の存在、三雲の正体に迫った本話でした。