いまさあらマクロスΔ(デルタ) 第18話 感覚 エマ―ジェンス

第18話 「感覚 エマ―ジェンス」です。

プロトカルチャーの遺跡の調査、可能ならば破壊のためにワルキューレとΔ小隊のメンバーはヴォルドールに潜入しました。
ハヤテとフレイア、ミラージュと三雲、カナメとアラド、マキナ・レイナ・チャックと4ループに分かれて遺跡に向けて進み始めます。

時を同じくしてウィンダミア側も風の唄い手であるハインツ国王と空中騎士団を中心とした部隊をボルドールに派遣してきました。しかし、作戦の詳細を知るのはロイドのみ。空中騎士団らに遺跡の起動実験のための警戒を命じただけでした。






空中騎士団の側は2グループに分かれて地上と衛星軌道から遺跡の警戒に当たります。地上におりたヘルマン、カシム、ボーグの3人。ハインツ国王の即位式に為された宣戦布告に疑問を抱くカシムは、ボーグと口論となり、1人で何処かに立ち去るのでした。

カシムがいたのは林のそばの倉庫のような建物。そこで焼リンゴをつくっていたのでした。そこに現れたのはフレイアとハヤテ。ハヤテが少し側を離れた隙に、流れてきた焼リンゴの香に釣られたところでカシムに捕まってしまいました。

フレイアの不在に気付いたハヤテは、フレイアの声を追ってきたのですが、同じくカシムに捕まってしまいます。
フレイアが隣村の出身とわかったカシムは、戦いより話し合いを選びます。みなで焚火を囲んで座り、フレイアに帰郷することを勧めます。

一方、三雲はミラージュとともに一足先に遺跡に到着しました。遺跡に立つ三雲は、なにか恐怖を感じ、1人唄い始めるのでした。その歌声に遺跡は反応し起動するのでした。

その状況は、Δ小隊とウィンダミアの双方で察知され、それぞれは遺跡に集結を始めるのでした。ハヤテらもカシムと別れて遺跡に向かうのでした。

ワルキューレとΔ小隊が集結したのと時を同じくして空中騎士団のドラケンが遺跡上空に出現しました。戦闘に突入しるハヤテ。フレイアとの「共鳴」現象が発現し、空中騎士団の攻撃を退けていきます。

その様子を衛星軌道上から監察していたロイドは、ハインツを投入することを指示。ハインツの歌声はワルキューレたちを圧倒していきます。また、空中騎士団のメンバーたちにも奇妙な「共鳴」を引き起こします。

一度はハインツの歌声に屈しかけたワルキューレ。しかし立ち上がった三雲の唄に奮起し、ワルキューレの歌声は状況を押し返します。フレイアの唄と「共鳴」しているハヤテはヴァール化しながら、交戦しているキースを追い詰めていきます。

ワルキューレの唄による生体フォールド波は、ヴォルドールの地表を覆っていくとともに、ボルドール人たちの脳波を「共調」させていきます。この現象の確認こそがロイドの狙いでした。

次第にヴォルドールを覆っていくワルキューレの歌声。ですが、フレイアの異変に気付いたカナメが彼女を押し倒して唄を止めさせます。唄・生体フォールド波の嵐が収まりますが、「共鳴」していたハヤテは意識を失いヴォルドールの地表に軟着陸してしまいます。

結果として、プロトカルチャーの遺跡は三雲の唄に反応、暴走して崩壊しました。

遺跡の破壊に成功したワルキューレとΔ小隊、遺跡による「脳波の共調」現象の確認とデータ収集に成功したロイド。



どちらも目的を達成した、微妙な幕引きの本話でした。