いまさらマクロスΔ(デルタ) 第14話 漂流 エンブレイシング

第14話 漂流 エンブレイシングです。

次々と展開される戦闘シーンに圧倒された前回を引き継ぐかのようなオープニングです。「空飛ぶフレイア」や「ハヤテvs白騎士」など前話のハイライトシーンが使われていました。




激しかった前回に対して今回は静かなお話です。
ラグナから撤退したマクロス・エリシオンを含むケイオス部隊と非難民を乗せた移民船。予期せぬ稼働は移民船の各所に不具合を生じさせます。また、避難時の混乱で多くの人が家族や知人と離れ離れになってしまい、安否や行方を案じ不安な時間を過ごしていました。移民船の補修作業に当たっているデルタ小隊のチャック少尉も妹の行方がわからず心配している一人でした。

デルタ小隊の面々はラグナの様子を知るべく強行偵察を進言しますが、アラド隊長やジョンソン艦長に却下されてしまいました。少ない戦力の分散を避けるためですが、それ以上に資金・物資の不足に悩むエリシオン側でした。

各所に不具合を抱えている移民船ですが、最も大きな問題はリアクター(反応炉)
の不調によるエネルギー不足でした。

この状況を打開するため、ジョンソン艦長はエリシオンのリアクター出力を移民船に供給すべく、エリシオンと移民船のドッキング案を採択するのでした。

フレイアはワルキューレの一員として避難民への食糧配布など救護活動にあたっていましたが、不具合箇所の調査を行っているハヤテやミラージュことが気になります。理由を作って救護活動を抜け出したフレイアは、ハヤテ・ミラージュとそれぞれの想いを語り一時の休息をとります。

休息の後、それぞれの仕事に戻った3人。ですが移民船の状態は予想以上に悪く、エリアE17ブロックで爆発が起き、電源ケーブルの破損・空気漏れが生じます。そしてエリシオンから移民船にエネルギーを供給するためには、このE17ブロックの配線の再接続が必要でした。

配線の修理に向かうハヤテとミラージュ。一方、爆発は避難民の間に不安を掻き立てます。不安からパニックが発生するのを防ぐべくワルキューレはパフォーマンスで人々の不安を和らげようと頑張ります。

それぞれの頑張りの結果、エリシオンと移民船のドッキングは成功し、移民船のエネルギー問題は解決しました。ハヤテとミラージュも配線の修理に活躍したのでしたが、破損し周囲と隔離された空間に2人きり、上半身裸のハヤテと(下着こそつけていますが)ミラージュと、意味深な想像をかきたてる通話音声とフレイア、マキナ、レイナに勘繰られてしまった2人でした。

戦闘がなく静かな話でしたが、三雲の正体に関わりそうな情報(三雲の夢シーン)がありました。

ウィンダミア側では、グラミア国王の死去とキースの負傷によって主導権を取り戻したロイド、そして新国王になるハインツと今後に関わる動きが多数あった第14話でした。

ぎゅっと密着して2人きりの時間をすごしたハヤテとミラージュでした。しかし、ハヤテが鈍いのかミラージュが思い違いをしていたのか、

まったく進展がない2人でした。