いまさらマクロスΔ(デルタ) 第12話 キング・オブ・ザ・ウインド

第12話  キング・オブ・ザ・ウインド

アル・シャハルにフォールドアウトしてきたシグル・バレンス。防衛にあたっていた新統合軍の艦隊はすぐさま砲撃を開始しますしたが、”風の唄い手”であるハインツの歌に応えたシグル・バレンスは次元断層を展開して砲撃を無力化する一方、新統合軍艦艇乗組員にヴァール症候群を発症させるのでした。


結果は、僅か15分でアル・シャハルの新統合軍は無力化されてしまったのでした。




デルタ小隊を含むラグナのケイオス部隊は出撃を一旦中止し、球状星団各地に展開した部隊を集結させ今後の作戦を発動するのでした。

アル・シャハル攻略の成功をもって、ウィンダミア側は一端侵攻の手を緩めます。しかしキースとロイドは今後の方針について意見が分かれるのでした。

ジョンソン艦長以下ケイオス・ラグナ支部の面々は、新たな作戦にむけて、マクロス・エリシオンの発進準備を進めます。準備の最中、ジョンソン艦長とアラド隊長は、ウィンダミア国王グラミアとのしがらみについて話すのでした。

そこに新統合軍から参謀局2部のラウリ・マラン少佐が作戦を通達するためにやってきました。ラグナの遺跡を破壊するその作戦。遺跡からのエネルギー・シャフトの存在と破壊による地殻変動を危惧するカナメに対し、少佐は大気圏内への影響は小さく抑えた指向性戦術反応弾によるプランを説明します。


「援軍もださずに・・・」と不満を口にしたアラドは少々大人げないですね。風の唄が遺跡でもって中継・増幅されるという事実を鑑みれば、提示された作戦は至って妥当にも思えるのですが・・、ジョンソン艦長は、作戦への協力を一蹴し、独力でアル・シャハルに向う作戦を実行に移します。一方、レディMの助力もあって、遺跡爆破作戦は、エリシオンの奇襲作戦の結果がでるまで延期されることになりました。

新たな作戦に向けて、メッサ―が居なくなった席を埋めるためミラージュは中尉に昇進しました。しかし、責任の重大さに悩むミラージュは、ひとりアイテールの甲板上で思慮にふけっていました。


そこに、ランチボックスをもったハヤテと袋いっぱいのラグナの海リンゴをもったフレイアが現れます。なぜか身を隠すミラージュ。彼女の存在に気づかず、ハヤテは、「好きだぜ、お前の歌」とか「必ずお前を守る」なんて一見すると告白のようなことを言うのでした。

この雰囲気は、ブリーフィングの呼び出し音で終わってしまいます。バツが悪そうに2人の前に出てきたミラージュ。ハヤテに真っすぐぶりを指摘されたミラージュは、自分の悩みをハヤテにぶつけます。そして決意も。
ハヤテに対し生きて帰ろうと告げるのですが、なぜかフレイアとは視線を絡めただけで無言で立ち去るのでした。

周囲の住民の退避が完了し、マクロス・エリシオンは発進しました。要塞型に変形しラグナ大気圏外でフォールドに入り、アル・シャハルに向かいます。

しかし、この動きを察知したグラミア、シグル・バレンスを発進させ、エリシオンのデフォールドを見定めたかのようにラグナに向けたフォールドを開始したのでした。

 





悪意はないのでしょうが(そして恋愛感情もないのでしょうが)、フレイアとミラージュに立て続けに思わせぶりなことを
いうハヤテさん。羨ましいというか見ていて心配というか、三角関係はさすがにマクロスです。