いまさらマクロスΔ(デルタ) 第8話 脱出レゾナンス

第8話 「脱出レゾナンス」です。

惑星ヴォルドールの遺跡付近のウィンダミアの施設を調査中、敵の策にはまってしまったハヤテ、フレイア、ミラージュの3人。周囲を空中騎士団に囲まれてしまいました。

Sponsored



身体能力に勝るウィンダミア人ということもあるのですが、3人に歩よったボーグは、瞬く間にハヤテとミラージュを地面に這いつくばせるのでした。


そして剣を構えてフレイアに迫るボーグ。ハヤテをミラージュはフラッシュバン(閃光弾)を使って反撃を試みますが、それも周囲の騎士団メンバーに阻止されてしまいました。
一方、メッサ―、カナメらのチームもヴォルドール兵と銃撃戦になっていました。その最中、腕を負傷するメッサ―。過去の記憶がフラッシュバックします。

戦争の是非について論争するフレイアとボーグたち。歌う理由を問うキースに言葉が詰まってしまうフレイア。フレイアに振り下ろされたキースの剣は、間に割って入ったロイドに止められます。

そして、三雲と合流したカナメたちワルキューレのライブが始まり、混乱した空中騎士団の隙をついて、フレイアたちはカナメらと合流。衛星軌道に待機していたアラド隊長とチャックがVF-31を連れて潜入チームのもとに到着しました。

デルタ小隊の面々は、愛機に乗って空中騎士団・ヴォルドール部隊と空中戦を繰り広げます。風の歌に対抗するワルキューレの歌は、遺跡の反応を引き起こします。

ヴァール化したヴォルドールの部隊のヴァルキリーを見て飛び出したフレイア。「歌は届く」という信念のもとに唄うその声は、周囲の兵士たちのヴァール化を解いていきます。

ワルキューレに敵意を燃やすボーグのドラケンを抑えようとハヤテのVF-31が割り込みます。フレイアの唄と共鳴したハヤテは、ダントツの速さでボーグのドラケンを追い詰め、撃墜ではなく敢えて戦闘不能にするのでした。

デルタ小隊とワルキューレのメンバーはアイテールに帰艦し、ラグナを目指して帰途につきます。展望デッキで物思うフレイアに三雲が歩み寄ります。フレイアは自らの力で見つけた「歌を銀河中に届けて、人々を幸せにする」という歌う理由を三雲に告げるのでした。

全員が帰還でき、フレイアの「歌う理由」が見つかってハッピーエンドな話かと思いきや、最後になんとメッサ―がヴァールに?

Sponsored