いまさらマクロスΔ(デルタ) 第6話 決断 オーバーロード

第6話 「決断 オーバーロード」

ウィンダミアの攻勢で連戦連敗の新統合政府です。リスタニア、エーベル、アンセム3を失う中、反撃の手がかりが掴めません。

Sponsored



訓練を終えてのブリフィーング。デルタ小隊の面々はメッサ―の厳しい指摘を受けます。チャックはそこそこですが、ミラージュは「教科書どおり」で「次が読める動き」と指摘されます。ハヤテは無視された後独創的な動きを評価されたと思いきや、ミラージュ同様に死亡宣告をなされます。

一方のフレイアも三雲に「あなたからは何も感じない」とこちらも厳しい一言をもらいました。

ミラージュが一人シミュレーターで訓練に励むなか、娘娘に移動したハヤテやフレイアたちは、メッサ―や三雲の凄さを認めるとともに必ずや追いつこうと誓うのでした。

惑星イオニデスのヴァール発生に対応するためワルキューレとともにデルタ小隊が出撃します。

アステロイドエリアでは、サウンドプロジェクションシステムで浮遊する岩石がスクリーンとなる戦場です。

岩石を踏み台とした機動で敵の意表を突くハヤテ。ピケットを突破してワルキューレに襲いかかるボーグ機を防ぎます。
ハヤテの動きに触発されるミラージュでしたが、空中騎士団の2機編隊に追い込まれてしまいます。メーデーを発しピンポイントバリアで敵の攻撃を凌ぐミラージュは、寸前のところをハヤテに助けられましたが、それは、ハヤテにとって初めて人間を殺す経験でした。

帰投後、一人佇むハヤテにミラージュは自分の経験を話し励ましすのでした。


そして、そんな2人を見つめるフレイアは、三雲に言われた「命がけで何のためにどんな思いで(唄うのか)」を自問するのでした。

Sponsored



フレイアの目標は三雲、ハヤテの目標はミラージュと同じくメッサ―。

やはりメッサ―という共通の目標、戦闘における苦い経験を共有したことでミラージュとハヤテの距離が縮んだ感じがします。