いまさらマクロスΔ(デルタ) 第4話 衝撃デビューステージ

第4話「衝撃 デビューステージ」です。

本話のオープニングは、ウインダミア側の描写でした。地球側の新統合政府に何やら強い憤りを持っているボーグ。謎の遺跡で唄うハインツとその効果に興奮しているロイド。

Sponsored




場面は変わって、フレイヤとハヤテの歓迎会になります。そこで、ランドールでのライブでデビューすることが伝えられます。ケイオスのメンバーは十人十色。様々な個性を持つ人が描かれています。生クラゲは美味しいのでしょうか?私は、生クラゲも海くもの姿煮にも引いてしまうと思います。

やっぱりミラージュの堅物さは、ここでも変わりません。美人なのに合コンで誰も手を出さない女性、の典型ですね。(主観満載)

なぜか三雲は(素っ裸で?)で夜空を見上げて、唄う理由を考えていました。

ランドールでは、エリシオンの左腕部分の”アイテール”で向かいます。艦内では、デルタ小隊のバルキリーの整備が行われていました。ハヤテ用のVF-31もしっかり準備されていました。しかし、ここではフレイアの思い出とともに描かれる、歴代のマクロスシリーズの歌姫たちでしょう。懐かしさ満点です。

そうこうしている内に惑星ランドールに到着です。ライブ前のミーティングで三雲はフレイアに軽くプレッシャーをかけていました。ライブが始まると、各所でフレイアのミスが見られますが、何気に三雲がフォローに入っていました。結構やさしい先輩なのですね。

(ついでにマキナのスペックの違いを見せつけるシーン)

ライブが盛り上がる中、”謎の戦闘機部隊”が現れます。ワルキューレの装備、パフォーマンスを研究していたようで、ジャミングでフォールド波増幅システムを停止させ、遺跡のシステムで、ヴァールを誘発する”唄”をライブ会場に響かせます。新統合軍から増援として飛来してきたバルキリー隊もヴァールとなってデルタ小隊とワルキューレを攻撃してきます。謎の部隊と合わさって、ライブ会場はたちまち戦場に変わります。

ヴァール化した統合軍バルキリーからフレイアを守るハヤテのVF-31。格闘の末、押さえ込むことはできましたが大苦戦。その状況を変えたのが三雲とフレイアの唄。互いに刺激し合う唄は周囲をヴァール化から解放しています。

「これで逆転」かと思いきや、敵はボルドールの首都を陥落としていました。エリシオンからの通信が入るのと同じ時、敵のウインダミア空中騎士団は、その姿をさらけ出します。

そして、ウインダミア宰相ロイドによる新統合政府に対する宣戦布告を伝えるのでした。

Sponsored




生まれ故郷が敵?!困惑のフレイア。