いまさらマクロスΔ(デルタ) 第2話 覚悟のオーディション

第2話「覚悟のオーディション」です。

前話のラストからの続きから始まります。敵機の攻撃で被弾したバルキリーはハヤテとフレイアを載せた(掴んだ)まま落下します。そこをΔ小隊のミラージュ・ファリーナ・ジーナスに助けられるのでした。

Sponsored



アラド隊長曰く「小手調べ」と評していましたが、謎のバルキリー群はの撤退で戦闘は終了しました。生き残ったハヤテでしたが、ミラージュに(グーで)殴られたうえ、軍⽤機の無断使用を強く批難されるのでした。でも、去り際におけるミラージュの「苦情は広報までお申し出ください」は、ちょっと?(やり逃げかよ?)

一方、フレイアは(ほっぺに絆創膏の大きいのを張っていましたが)オーディションを受けるとワルキューレに宣言します。しれに対し、美雲は「待っているわ」とエールを送るのでした。

その後、フレイアはオーディションを受けるため惑星ラグナに。ハヤテはそんなフレイアを見届けるため(と口ではいいながらも本当は迷子にならないように送るために?)に⼀緒に来ていました。さっそく、フレイアは携帯機器を押し付けられますし、ハヤテにルンを見つめられて赤面したり・・・。

オーディション会場のマクロス エリシオンに到着したフレイアとハヤテ。ですが、フレイアは予選を受けずに来てしまったことを指摘され受付で大慌て。偶然居合わせたミラージュに泣きつきます。ですがその様子は、しっかりカナメらにモニターされていました。裏から(天の助けの)手が回り、最終オーディションを受けられることになりました。

ですが、目を付けられていたのはフレイアだけではありませんでした。ハヤテもΔ小隊隊長からチェックが入っていたのでした。オーディション会場に向かうフレイアと別れて、受付の女の子の案内でアラド隊長の元に向かうのでした。

オーディションを受けるフレイア。ハヤテは飛行甲板上で天を仰ぎます。この時の仕草は、プラスに出演していたイサムにそっくりでしたね。そして現れたアラドに入隊を勧められるのでした。

その頃、失意のうちに基地から出るモノレール?に乗るフレイア。フレイアたちが参加したオーディションの結果は「合格者なし」だったのでした。そこについていないことにヴァール警報が発令。車輌内でもヴァール化してしまう人が現れ、車内は恐怖と混乱に覆われていきます。

最初は恐怖で震えていたフレイアでしたが、脳裏に浮かんだワルキューレの姿につられて歌い出します。その声はフォールド波を含みヴァールかした人を鎮静化していくのでした。

歌で人を救えと思ったフレイアでしたが、そこに突如ワルキューレの面々が姿を現します。実はこれが最終オーディション。フレイアは見事ワルキューレのメンバーになれたのでした。

ハヤテの方は、いろいろ条件をつけましたが全て認められ、すんなり入隊することになりました。側にあったVF-31に触れるハヤテをみて、怒り心頭の様相でミラージュが近づくのでした。

Sponsored



ミラージュさんの怒った顔で始まり、怒った顔で終わった第2話でした。