いまさらマクロスΔ(デルタ) 第5話 月光ダンシング

第5話 「月光 ダンシング」

ウィンダミアによる宣戦布告。40年前の新統合政府による所業の不当さとそれに抗う7年前の独立戦争を語り、フリージンガル球状星団の独立を訴えるものでした。

Sponsored



今回は、ウィンダミアの詳細について説明から始まりました。次元断層に囲まれた星であり、ドラケンを駆る近衛部隊は空中騎士団と呼ばれ、トップは白騎士と呼ばれています。そしてフォールド波を含む歌声でヴァールを操っていつことも明かになりました。併せて、エリシオンのアーネスト艦長とアラド隊長は以前にウィンダミアに関わりがあったことも。

ワルキューレにウィンダミア人がいることを知られ、ケイオス側もラグナ星系の防衛任務になりました。ヴァールによる暴動対応から、ウィンダミアとの戦争が任務となることの説明の場で、フレイアはスパイの容疑を掛けらてしまいます。持ち前の明るさで噂を吹き飛ばそうをするフレイアですが、やはりプレッシャーのようです。周囲が新しい任務を受け入れてケイオスに残る意志を示す中、ハヤテはなにか思案していました。

場所は変わって、娘娘でチャック、ミラージュ、マキナ、レイナ、フレイアそしてハヤテが集っていました。そこにマスコミが押しかけ、フレイアを問い詰めます。


フレイアを連れてその場を脱出したハヤテは近場の海岸でミラージュと言い合いになり、結局VF-31でフレイアとラグナの空に繰り出します。フレイアの唄に合わせて軽快にVFを飛ばすハヤテ。元気になったフレイアはワルキューレを続け「歌声で銀河に元気を」と決意するのでした。


いい雰囲気でしたがメッサーに見つかり連れ戻されてしまいます。エリシオンに戻った後アイテールの甲板上で叱責されるハヤテ。メッサ―は、その場に駆けつけたミラージュやフレイアにも厳しい言葉を掛けます。規律の重要さを説くメッサ―の言葉に奮起したハヤテはデルタ小隊に残り「戦争を終わらせて自由な空をこの手で掴みとってやる」と宣言します。

ハヤテの言葉に「大口はまともに飛べるようになってから叩くんだな」と冷静に返すメッサ―。実は部下の行動・性格をよく観察していて、ハヤテが隊に残るように仕掛けていたのかな?と思ってしまいました。
あとウィンダミア人のルンが、感情で色が変わるんですね。

Sponsored



フレイアの画像を見てルンが輝くボーグと落ち込んでルンが暗い色になっているフレイア。

いまさらマクロスΔ(デルタ) 第4話 衝撃デビューステージ

第4話「衝撃 デビューステージ」です。

本話のオープニングは、ウインダミア側の描写でした。地球側の新統合政府に何やら強い憤りを持っているボーグ。謎の遺跡で唄うハインツとその効果に興奮しているロイド。

Sponsored




場面は変わって、フレイヤとハヤテの歓迎会になります。そこで、ランドールでのライブでデビューすることが伝えられます。ケイオスのメンバーは十人十色。様々な個性を持つ人が描かれています。生クラゲは美味しいのでしょうか?私は、生クラゲも海くもの姿煮にも引いてしまうと思います。

やっぱりミラージュの堅物さは、ここでも変わりません。美人なのに合コンで誰も手を出さない女性、の典型ですね。(主観満載)

なぜか三雲は(素っ裸で?)で夜空を見上げて、唄う理由を考えていました。

ランドールでは、エリシオンの左腕部分の”アイテール”で向かいます。艦内では、デルタ小隊のバルキリーの整備が行われていました。ハヤテ用のVF-31もしっかり準備されていました。しかし、ここではフレイアの思い出とともに描かれる、歴代のマクロスシリーズの歌姫たちでしょう。懐かしさ満点です。

そうこうしている内に惑星ランドールに到着です。ライブ前のミーティングで三雲はフレイアに軽くプレッシャーをかけていました。ライブが始まると、各所でフレイアのミスが見られますが、何気に三雲がフォローに入っていました。結構やさしい先輩なのですね。

(ついでにマキナのスペックの違いを見せつけるシーン)

ライブが盛り上がる中、”謎の戦闘機部隊”が現れます。ワルキューレの装備、パフォーマンスを研究していたようで、ジャミングでフォールド波増幅システムを停止させ、遺跡のシステムで、ヴァールを誘発する”唄”をライブ会場に響かせます。新統合軍から増援として飛来してきたバルキリー隊もヴァールとなってデルタ小隊とワルキューレを攻撃してきます。謎の部隊と合わさって、ライブ会場はたちまち戦場に変わります。

ヴァール化した統合軍バルキリーからフレイアを守るハヤテのVF-31。格闘の末、押さえ込むことはできましたが大苦戦。その状況を変えたのが三雲とフレイアの唄。互いに刺激し合う唄は周囲をヴァール化から解放しています。

「これで逆転」かと思いきや、敵はボルドールの首都を陥落としていました。エリシオンからの通信が入るのと同じ時、敵のウインダミア空中騎士団は、その姿をさらけ出します。

そして、ウインダミア宰相ロイドによる新統合政府に対する宣戦布告を伝えるのでした。

Sponsored




生まれ故郷が敵?!困惑のフレイア。

いまさらマクロスΔ(デルタ) 第3話 旋風 ドッグファイト

第3話「旋風 ドッグファイト」です。

フレイアはワルキューレに、ハヤテはデルタ小隊にそれぞれ加わることになりました。ハヤテに愛機を触れられて怒るミラージュ。

Sponsored



「俺は空を飛びたいだけ」と返すハヤテを複座機に乗せ、高G機動でお灸を据える(空の厳しさを教える?)ことはできましたが、着陸後にアラド太陽にハヤテの訓練教官を命じられ、さらに蒼い顔をしたハヤテの吐しゃ物を掛けられることになるのでした。(そして響き渡るミラージュの悲鳴)

訓練が終わって、フレイアとハヤテは、カナメとチャックに連れられて、「裸喰娘娘」に。実はここ、デルタ小隊の男子寮でした。海猫にディナーの一部を獲られるというハプニングはありましたが、夕食も終わり、カナメとフレイアは女子寮に向かいます。女子寮にはミラージュも住んでいて、新入りのフレイアに寮生活の掟(ルール)を指導するのでした。

フレイアの調子もあがりませんが、ミラージュの指導で教程を始めたハヤテも今一つです。飛行訓練意外はさぼりまくりで、ミラージュの怒りを買います。座学や艦長指導の柔道を受けずに海猫を追うばかり。そらを飛ぶ理由を尋ねるハヤテに、ミラージュはあきれながらも戦場の空を飛ぶ術の必要性を説き、守るために飛ぶ、と真っすぐに答えるのでした。

ハヤテの最終試験は、ミラージュとVF-1EXによるの模擬戦。模擬戦の進捗は大方の予想どおりミラージュの優勢ですすみます。ハヤテはAIのサポートを切って機動性を上げようとしますが、安定性が悪い機体はたちまち操作不能に陥ります。

その様子を見たフレイアは、ワルキューレのレッスンを抜けだそうとしますが、三雲に止められます。「彼は今自分の戦場でたたかっている。」「あなたの戦場はどこなの」と三雲に問われ、自分のするべきことに気がつきました。

ルンを輝かせながら「僕らの戦場」を唄うフレイア。その声はハヤテのところにも届き、海面すれすれで機体の立て直しに成功します。

フレイアの唄で風を掴んだハヤテは、反撃に転じます。海猫ターンを応用したG-WALK形態で太陽の中からの攻撃で、見事にミラージュの機体に自機の弾丸を叩き込むのでした。

試験に合格したハヤテは、バトロイド形態で機体を踊るように操ります。が、上機嫌な時間はすぐに終わります。

審判役のメッサーのVF-31から模擬弾を容赦なく打ちこまれるのでした。「卑怯だろ」の抗議も虚しく「生き残りたければ戦う術を身に付けろ」と答えるメッサーによってハヤテのVF-1EXはメッサ―機のペイント弾に覆われていくのでした。

試験終了後、自機のコクピット内で落ち込んでいるミラージュに対し、ハヤテは、自分の考えは変えないものの、今までの訓練態度の非を謝罪し、これからの訓練をしっかり受けることを告げるのでした。

ハヤテの言葉で気を取り直したミラージュの視線の先にあったのは、ハヤテと楽しそうに話すフレイアの姿でした。

Sponsored



フレイアとハヤテの関係を認識したミラージュさん。いよいよ三角関係の始まりですか?
 

いまさらマクロスΔ(デルタ) 第2話 覚悟のオーディション

第2話「覚悟のオーディション」です。

前話のラストからの続きから始まります。敵機の攻撃で被弾したバルキリーはハヤテとフレイアを載せた(掴んだ)まま落下します。そこをΔ小隊のミラージュ・ファリーナ・ジーナスに助けられるのでした。

Sponsored



アラド隊長曰く「小手調べ」と評していましたが、謎のバルキリー群はの撤退で戦闘は終了しました。生き残ったハヤテでしたが、ミラージュに(グーで)殴られたうえ、軍⽤機の無断使用を強く批難されるのでした。でも、去り際におけるミラージュの「苦情は広報までお申し出ください」は、ちょっと?(やり逃げかよ?)

一方、フレイアは(ほっぺに絆創膏の大きいのを張っていましたが)オーディションを受けるとワルキューレに宣言します。しれに対し、美雲は「待っているわ」とエールを送るのでした。

その後、フレイアはオーディションを受けるため惑星ラグナに。ハヤテはそんなフレイアを見届けるため(と口ではいいながらも本当は迷子にならないように送るために?)に⼀緒に来ていました。さっそく、フレイアは携帯機器を押し付けられますし、ハヤテにルンを見つめられて赤面したり・・・。

オーディション会場のマクロス エリシオンに到着したフレイアとハヤテ。ですが、フレイアは予選を受けずに来てしまったことを指摘され受付で大慌て。偶然居合わせたミラージュに泣きつきます。ですがその様子は、しっかりカナメらにモニターされていました。裏から(天の助けの)手が回り、最終オーディションを受けられることになりました。

ですが、目を付けられていたのはフレイアだけではありませんでした。ハヤテもΔ小隊隊長からチェックが入っていたのでした。オーディション会場に向かうフレイアと別れて、受付の女の子の案内でアラド隊長の元に向かうのでした。

オーディションを受けるフレイア。ハヤテは飛行甲板上で天を仰ぎます。この時の仕草は、プラスに出演していたイサムにそっくりでしたね。そして現れたアラドに入隊を勧められるのでした。

その頃、失意のうちに基地から出るモノレール?に乗るフレイア。フレイアたちが参加したオーディションの結果は「合格者なし」だったのでした。そこについていないことにヴァール警報が発令。車輌内でもヴァール化してしまう人が現れ、車内は恐怖と混乱に覆われていきます。

最初は恐怖で震えていたフレイアでしたが、脳裏に浮かんだワルキューレの姿につられて歌い出します。その声はフォールド波を含みヴァールかした人を鎮静化していくのでした。

歌で人を救えと思ったフレイアでしたが、そこに突如ワルキューレの面々が姿を現します。実はこれが最終オーディション。フレイアは見事ワルキューレのメンバーになれたのでした。

ハヤテの方は、いろいろ条件をつけましたが全て認められ、すんなり入隊することになりました。側にあったVF-31に触れるハヤテをみて、怒り心頭の様相でミラージュが近づくのでした。

Sponsored



ミラージュさんの怒った顔で始まり、怒った顔で終わった第2話でした。