いまさらマクロスΔ(デルタ) 第1話 戦場のプロローグ

第1話 「戦場のプロローグ」です。

西暦2067年、人間が突如として凶暴化する病「ヴァール症候群」が銀河各地で発生していた。戦術音楽ユニット「ワルキューレ」に憧れる少女フレイアとアルバイトの少年ハヤテは、ヴァールの暴動に巻き込まれてしまいます。

歌手(戦術音楽ユニット)に憧れる女の子と民間人の男の子が巻き込まれていく展開。ヴァルキリーに乗り込んで、腕に女の子を掴んで飛び立つけれど、落下していく。第1作を思い出す展開です。グラージに(腕付き)リガードそしてクアドランの登場で懐かしさ満載でした。

Sponsored



オープニングは、銀河に進出した人類とその脅威となっているヴァール症候群そしてヴァールに対抗する音楽ユニット「ワルキューレ」の解説です。
舞台は、惑星アル・シャハル。港でアルバイトをしていた青年ハヤテは、特に目的もなく日々をなんとなく過ごしている少年です。

その日は、バイトのクビを宣告され最後の仕事。ローダーを踊るように駆り、コンテナを積んでいきます。が、そこで積み荷の中に隠れて密航をしてきた少女フレイアと出会います。


ハヤテは、14歳のフレイアが「ワルキューレ」のオーディションのために密航してきたことを知ります。(でもオーディション会場は30光年先のラグナですけど。)場所を間違えたことを知り落ち込んだ、かと思いきやすぐさま立ち直るフレイア。フレイアに生き甲斐を尋ねるたハヤテは、何の目的も見いだせていないハヤテに、「それで生きてて楽しいんかね︖」と痛いところを突いてきます。図星をつかれたハヤテは自分の生き方に疑問を持つのでした。
二人の会話は盛り上がりますが、そこに密航犯のフレイアを探しているドローンに見つけられてしまいます。急いで逃亡を図るフレイアですが、港の隅に追い込まれてしまいました。危機一髪のところでバイクに乗って乱入してきたハヤテに助けられます。

そこを護衛・潜入任務で来ていたミラージュに見咎められます。
窮地を脱したフレイアとハヤテ。ハヤテは、帰星をすすめますが、フレイアは拒否。夢を追うことを否定するハヤテに訳を聞いたフレイアは「どこかじゃなく、行きたい所にいかんとね!」と話す。話しながら建物の突起を軽々と駆け登るフレイア。が、足元が崩れて転落したところをハヤテに助けられたのですが、その光景を誤解したミラージュにハヤテは取り押えられてしまいます。
謝罪するミラージュ。彼女が、デルタ小隊の一員と知って興奮するフレイア。そこにヴァール警報警報が鳴り響きます。
奇病「ヴァール症候群」でヴァール化したゼントラーディ部隊がバトルポッドに乗って暴れ出し、市街は戦場と化していきます。
そんな時、ワルキューレが現れ次々とヴァールを発症したゼントラーディ兵を鎮静化・無力化していきます。

ワルキューレの活躍で街が救われたかと思われた時、惑星外から謎のバルキリー部隊がフォールドアウトしてきました。防衛線を張る艦隊を突破し、ワルキューレを護衛しているΔ小隊と先頭が始まります。


一時は沈静化したヴァールも再発し、暴徒と化したゼントラーディ兵が暴れ始めます。爆発に巻き込まれるワルキューレ。それにもめげずに唄い始めます。そんな彼女らを見て「何て奴らだ!」と驚くハヤテ。ダメージを受けながらも唄い続けるワルキューレをを見て、フレイアは歌いながら丸腰で戦場に⾶び込んでいきます。

ですが、戦闘ポッドに襲われ窮地に。それを見たハヤテは近くに墜落、稼働状態で放置されていたバルキリーで彼女を拾いあげます。
フレイアを掴んで空を舞うハヤテのバルキリー。その時、敵からの攻撃を受け、ハヤテとフレイアを掴んだバルキリーは、市街地へと落下していくのでした。

Sponsored