いまさらマクロスF 第23話 トゥルー・ビギ

第23話 トゥルー・ビギンです。

フロンティアを離脱したオズマらと袂を分かつことになったアルトは、シェリルとのひと時の憩いを楽しんでいました。ですが、恋心ではないアルトの優しさの中にある憐憫の情はシェリルに複雑な想いを引き起こすのでした。一方のランカちゃんとブレラはバジュラ本星に近づこうとしますが、バジュラたちとのコミュニケーションに失敗。バジュラに連れ去られる騒乱の中ランカちゃんは、ブレラが実の兄だという事をはじめ、過去の記憶を明瞭に思い出すのでした。その最中、突然現れたグレイスはバジュラ本星の位置を察知するとともにブレラの自由を奪います。バジュラ本星の位置はフロンティア側で把握されていて、三島は最終決戦としてバジュラ本星での勝負に出ます。それに先立ちランカちゃんの特別体質についてアルトに説明します。アルトは、ランカちゃんが人類の敵になのならその前に自身手で彼女の生を終わらせようと決意します。フロンティア船団は最後の力を振り絞り、バジュラ本星に向けて針路をとるのでした。

最終回が近づき疲弊したマクロス・フロンティア船団。ランカちゃんの声から得られた情報から最後の勝負に臨む話にからめて、ランカとブレラの関係、バジュラに実態とランカとの相関など多くの事が明らかにされていきます。とても一度見ただけでは覚えきれません。記憶を思い出し過去の悲劇の理由を知るランカちゃん、優しさを感じるけど愛が見いだせないシェリルそしてランカちゃんに人々の憎悪が集まるのなら自らの手で結末を見出そうとするアルト。主人公たちの切ない心情もしっかり描かれています。疲弊し徐々に限界を迎えていくフロンティア船団の中でも己の野望のために手を緩めないグレイスや三島たちの暗躍ぶりは健在です。

Sponsored



バジュラ本星を目指すVF-27γの中で微睡むランカちゃんは、夢に中で幼いころの一コマを見ています。母ランシェと同僚グレイスがバジュラを巡って口論する様子を不安そうな見守る自分。そして側にいた少年の優しい声でランカちゃんは夢から覚めるのでした。現実の世界のランカちゃんは、ブレラとあい君とともにバジュラの母星がはっきりと見えるところまで来ていました。その頃、フロンティア政府では、船団の消耗とS.M.Sの離反について会議が開かれていました。船団内のライフラインの脆弱化は深刻で、各地の市民に酸素呼吸器の使用に関する行政指導を行うほどです。参加者から船団の航行の中止案が出される状況でしたが、三島大統領は航行の続行を訴えつつ今後の展望を静かに語ります。

アルトは新統合軍の中尉に昇進し、VF-171EXの小隊長に就きました。新兵の訓練で宇宙から船団を見れば、使用に耐えない環境艦を廃棄する光景が目に入ります。フロンティア船団の長期航行がもはや望めないことは彼に目にも明らかで気を重くします。しかし部下たちは飛行中にアルトとシェリルの恋仲について語るくらい、お気楽なものでした。シェリルの復帰以来、2人の仲は接近し、その日はシェリルのマンションでアルトが料理の腕を披露していました。愛しい相手との普通の夕食に、シェリルは過去の貧民時代をそっと思い出しつつ、いまの小さな幸福で胸をいっぱいにします。ですが酔いつぶれたシェリルを寝室に運んだ際、ベッドの脇に置かれた錠剤は、アルトにシェリルの病気を改めて意識させるのでした。

バジュラ本星に接近するランカちゃんたち。そこに警報音がVF-27γのコクピットに響きます。本星の防衛に就いていたバジュラたちは、ランカちゃんたちを敵と認識したのでした。ランカちゃんは、歌声でバジュラを鎮めようと、バトロイドに変形したVF-27γの中で「アイモ」を唄い始めます。この声のフォールド波は、はるか彼方のフロンティアの宙域にまで届き、フォールド波を検知した新統合軍とマクロス・クォーターは共にランカちゃんの所在=バジュラ本星を探り当てました。

ビルラーと三島はアルトを大統領府に呼び出し、検知したランカちゃんの歌声からバジュラ本星を発見した事を知らさせます。そしてバジュラはフォールド・クォーツの原料を捕食し、体内で同物質を生成。そして脳の代わりに腸内の細菌が発するフォールド波で情報伝達を行うこと。バジュラは個体や自己などの概念を欠いた、種族全体がひとつの生命体と言えること。V型感染症を引き起こすバジュラの腸内細菌はは、胎児の時点での感染なら免疫体として人体内に残るバジュラとコミュニケーションが取れること。その実例がランカちゃんであり、彼女がバジュラと共鳴して取り込まれる危険性を三島はアルトに告げるのでした。

ランカちゃんの歌は完璧ではなく、幾匹かのバジュラが無防備なVF-27γを襲います。小惑星帯に逃げ込んでいたましたが、飛んで来たあい君と話そうと機外に出たランカちゃんはあい君に拘束されてしまいました。自分を呼ぶブレラの声と宙を流れる楽器はランカちゃんに記憶を回復させます。ブレラが自分の兄だったことも思い出します。連れ去られるランカちゃんを必死に追うブレラでしたが、そこにグレイスが操る2機のVF-27βが現れます。全てを見定めていたグレイスはランカちゃんを拉致したバジュラたちを母星へと向かわせます。そしてブレラには「妹さんとの逃避行は楽しかった?」と語り、愕然とするブレラを「強制モード」で拘束するのでした。

フロンティアの軍病院では、ルカの進める新たな治療薬をシェリルが拒否していました。ルカの同情を拒むシェリルは、アルトの優しさが自分への憐憫からだと感じ、対等の立場での恋を望めない現実を辛く感じるのでした。アルトは同じ軍病院で、父・嵐蔵に付き添っていた兄弟子の矢三郎に再会しました。父の小さく感じられる背中を見送るアルトに矢三郎は家に戻るように促します。そしてナナセの病室にあった天子画を眺めながらランカを偲びます。

バジュラ本星の表面にある謎の渦巻き状の空間にランカちゃんは連れ込まれていました。母や兄そしてバジュラとも平和に過ごしていた日々は、マクロス級艦船グローバルがバジュラに襲われた日に終わりました。その原因は自分だったと思い出したランカちゃんは深い悲しみと悔恨の念に暮れるのでした。しかし、そんなランカちゃんの反応に歓喜する輩もいました。グレイスの前で、自分の念願だったバジュラたちの銀河ネットワーク「ゼロタイム・フォールド通信」が実現しようとしていました。
フロンティア側では、三島がある決断を下しました。分析の結果、30光年の先にあり人類が居住可能だと判明したバジュラ本星にフォールド航法で乗り込んでバジュラを駆逐し、そこを念願の移住地とするのです。フロンティア市民に対しフォールド航行の開始を公布され、着実に迫る最後の戦いにアルトたちの緊張も高まるのでした。

Sponsored