いまさら マクロスF 第10話 レジェンド・オブ・ゼロ

第10話 レジェンド・オブ・ゼロです。
今回はランカちゃんが映画「BIRD HUMAN -鳥の人ー」に出演することとなったところから始まります。この「鳥の人」は「マクロスゼロ」の「サラとシン」を描いた話の劇中劇。マクロスの「小白竜」やマクロス7の「リン・ミンメイ物語と、主役が劇中の映画で主役を演じるのもマクロスシリーズの伝統の一つと言えるでしょう。
予期せぬ事態からランカちゃんはマオ役を演じることになりましたが、それを見事に演じ切り、映画は完成します。そして試写会に観客席から参加しているランカちゃんが、自身の出演場面に赤面してしまうところからこの話の本編である「鳥の人」制作に場面が移ります。

Sponsored



話は数日前にさかのぼります。ミス・マクロス・フロンティアのミランダ・メリンを主演女優として「BIRD HUMAN」の制作が始まりました。デビューしたてのランカちゃんも映画監督に気に入られた!とかで端役ですが出演することになりました。
初めての映画出演で不安いっぱいのランカちゃんは、電話にてアルトに芸能の心得のアドバイスをもらい嬉しいのですが、アルトがシェリルと撮影の仕事中だとわかってどこか疎外されているように感じてしまうのでした。
「BIRD HUMAN」の撮影が行われているアイランド3の人工島に、ランカちゃんとメーキャップ担当のボビーがフェリーで到着します。と同時にヘリコプターで映画キャンプに現れた「第12代ミス・マクロス・フロンティア」のミランダに対しランカちゃんの表情はこわばります。
ランカちゃんを見咎めたミランダは、端役で出演する彼女を歯牙にもかけず、「私の映画を台無しにしないよう、せいぜい頑張ってちょうだい」倣岸無礼な態度をとるのでした。
ですが撮影の進捗具合は、劇中歌の制作が行き詰っていて撮影は何度もリテイクを重ねていて、完成度に納得がいかない監督と音楽プロヂューサーが揉めています。シン役の男優は水中シーンの撮影を拒否するし、ヒロインの1人であるマオ役の女優は乗っていた車が大型生物ヒュドラに襲われてしまって出演不可の状態に。いろいろあって現場は混乱しているのでした。
そんな中、一息つこうとランカちゃんは島の岬で「アイモ」を唄っていました。その歌声は偶然にも近くで休憩していた監督が耳にするところとなりました。ランカちゃんの歌声に心惹かれる監督です。

そろそろみんなの所に戻ろうと小路をすすもうとしていたランカちゃんは、凶暴なヒュドラに遭遇してしまいます。ランカちゃんの悲鳴をきいて、シェリルに付き添って映画キャンプにいたアルトが駆けつけます。持っていた銃でヒュドラに迎いますが、軽くいなされてしまします。もうダメ・・と思った時、ブレラが現れヒュドラを撃退します。しかし、ランカちゃんは気を失っていて、自分はアルトに助けられたと思い込んでしまうのでした。
キャンプに戻ってきた二人は、ヒュドラに襲われた車に乗っていて怪我をした女優にかわって、ランカちゃんがマオ役に抜擢されたことを伝えられます。絶好の機会とランカを励ますアルトですが、自身が務めるシン役の出演シーンで彼女とのキスがあることに気づいて愕然とします。「待てよ、お前がマオ役ってことは・・・俺とお前が・・・!」
ランカちゃんも予想外の大役に加えてアルトとのキスシーンまであることに心をざわつかせます。そんなランカとアルトのうろたえぶりを見ていたシェリルは、アルトがぼんやりランカちゃんを眺めているところに現れ、不意に彼の唇を奪ってしまいます。戸惑うアルトをよそに笑って立ち去るシェリル。そんなシェリルにランカちゃんは、マオの姉サラの姿を重ね、同じ男性を愛したマオを演じる決意を固めるのでした。そして見事にマオになりきったランカちゃんは、キスシーンでも堂々の演技を披露するのでした。
後日、「BIRD HUMAN」は無事試写会の日を迎えます。銀幕に映し出されるマオとシン(ランカとアルト)のキスシーンに、赤面しながらも目を離せないランカとナナセ。そしてクライマックスの損傷しながらも不死鳥のごとく飛翔して行くシンのVF-0から.マオ役のランカが唄う「アイモ」のエンドロールにつながるのでした。
終幕後の舞台挨拶の場で、監督に導かれてステージに上がったランカちゃんは万雷の拍手で迎えられるのでした。
一方、オズマは、S.M.Sのブリーフィングルームで「BIRD HUMAN」のパンフレットを読んでいました。ランカが演じたマオという人物を知っていた彼は、2人の間の因縁深い何かを感じるのでした。「因縁か、お前がDr.マオの役をやることになるなんてな」
観客たちの盛大な拍手を受けてスターへの道を進みはじめたランカちゃん。その陰に隠れて謎の機体VF-27γに関する報告を受けたレオン三島は、映画キャンプのあった島のレストランで男装のグレイスと密談を行っていたのでした。グレイスの要求は紫色の鉱石。見返りにはバジュラやVF-27γの情報。二人の計画も密かに進んでいるのでした。

Sponsored



いまさら マクロス デストロイド ディフェンダー 7

駐退機構について検討してみました。

Sponsored



よく見かかる図ですが、砲身部をばね、ダンパーそしてブレーキを並列に配置して砲耳部分に連結します。ここで、ばねの特性、ダンパーの特性、ブレーキの特性と次のように設定しました。

砲身の動きを記録しました。大体100倍くらいに引き伸ばしています。

反動と砲身の動きはこんな感じです。

反動の最大値は前回より小さくなりました。次に連射した場合です。動画は10倍くらいに引き伸ばしています。

弾丸の発射間隔と駐退距離の様子です。

Pythonのプログラムは こちらです。

Sponsored



いまさら マクロス デストロイド ディフェンダー 6

射撃時の反動について、ODEを使ってシミュレーションしてみました。

Sponsored



結果は次のとおり。黄色い弾が的を弾きます。弾は砲身内で等加速度運動しています。砲身の反動はばねで支えています。

お見苦しいですがRECOIL_ode_20190124がPythonのファイルです(ZIPを解凍してください)。

解析結果を見てみます。

砲口初速は3300m/sに達しています。その後、的に衝突して減速しています。

砲身は、ばねで支えられているので、駐退距離に比例して反動力が増加しています。反動の最大値は、先に求めた平均値のざっと2倍です。仕事量が力×距離だから?

また、砲身の支持がばねだけですと、いつまでも反動による前後動が収まりません。ダンパをつけなければいけませんね。この辺の改良は続きで行います。
Sponsored



Topへ