いまさら マクロスF 第6話 バイバイ・シェリル

第6話 バイバイ・シェリルです。

Sponsored



ランカちゃんの芸能界デビュー、政府によるジュラの存在の公開、ギャラクシー船団の壊滅とフロンティアS.M.Sの救援部隊の出撃と、今後の物語にむけて様々な布石がされた回ですね。

「つまり!歌は愛なんです!」ランカを見出したエルモは、オズマにランカの芸能界入りの許しを請います。それに対し憮然とするオズマは・・・平身低頭でエルモに妹を任せたのです。「妹を、よろしく、お願いィいたします!!」と。


ギャラクシーへの帰還を控えたシェリルは、フロンティアにおける最後のライブコンサートに向けて準備を進めていました。街には彼女のポスターが次々と貼られていきます。

美星学園の登校したアルトが自席でシェリルのイヤリングをぼんやり眺めていると、ミハエルがやてきて、アルトとシェリルとのデート(とキス)の件と併せてランカへの思いを詰問します。その場にナナセが駆け込んできました。
ナナセの報せはランカのデビューでした。ナナセ、ミハエル、ルカがランカを祝う中、アルトはエルモの事務所をマイナーだと軽んじます。これにはナナセやミハエル、ルカも憤慨するのでした。「どうして水を差すようなことを言うんです?早乙女君!」「空気読めよな!」


1人冷めた様子のアルトをほっておいて、3人はランカのデビューの話題で盛り上がり、ランカのファンクラブ結成を誓うのでした。しぶしぶアルトもランカへの応援を約束するのでしたが、先日のシェリルとアルトのキスを目撃したランカは、アルトにさりげなくその事を尋ねます。しかし、アルトはあの場には1人でいたと語り、無神経にもシェリルのライブチケットを渡すのでした。

そこに、政府からの緊急番組が放映されました。大統領のハワードと補佐官のレオン・三島がバジュラについて話し合っていて、この日を予見していました。バジュラに「歌」は効かず、もはや隠し切れないと判断したハワードらは、バジュラの存在を公表することにしたのです。
政府の放送は続けてバジュラに襲われたギャラクシーの救援を告げます。さらに三島とキャシーは、シェリルの緊急会見も手配していたのでした。
政府はそして自分たちを守るため、S.M.Sを含む新統合軍の出撃を決定していました。オズマからの「特例条項B」の発令を伝える通信がミハエルに届きました。「特例条項B」が発令されたことで、S.M.Sの全隊員にも待機を命じられました。出撃を前に、ミハエルやアルトの心は落ち着きません。
アルトはS.M.Sの宿舎でシェリルの会見を見ていました。ギャラクシーの一件を対岸の火事のように語る記者に対し、シェリルは決然と帰還の意志を宣言するのでした。その言葉を受け、アルトは部屋を飛び出します。

先兵として斥候のRVF-171が発進していきます。マクロス・クォーターの中ではジェフリー艦長がモニカの腰を軽く叩いて鼓舞します。お尻ではなく腰に触れるとこにベテラン(エロおやじ)の技が見て取れます。モニカもどこか満足気です。


ギャラクシー救援の先遣部隊の任に就くため出航準備を急ぐマクロス・クォーターに客員士官としてキャシーが到着しました。彼女は同艦のお目付け役を命じられていたのでした。
コンサート会場である天空門ホール前では多くのファンがシェリルのことを心配していました。そんな中、大勢の警備員に阻まれながらもアルトがシェリルのもとへやってきました。彼は、自分の身に万が一のことがあると考え、シェリルのイヤリングを渡しに来たのでした。アルトが来訪することを忘れていたシェリルは素直に自分の非を詫びる一方、彼の律儀ささに人の温もりを感じるのでした。短い時間ですが2人は互いの思いを語り合うのでした。マクロス・クォーターに戻ろうとするアルトにシェリルは御守りとしてイヤリングを渡します。アルトは無事の帰還を誓うのでした。

先行する2機のRVF-171が哨戒活動を開始したところに、ギャラクシー所属の巡行艦カイトスがフォールド・アウトしてきました。その艦外殻にバジュラを携えたまま。
マクロス・クォーターは発進準備を急ぎます。SMSのメンバーも臨戦態勢に移っていきます。クォーター艦内では対バジュラ用アンチESA使用弾の装填が進み、オズマたちも出撃を控えていた。遅れて配置についたアルトは自機のキャノピーにシェリルのイヤリングを飾るのでした。


マクロス・クォーターの出港と同時にシェリルもまたステージ衣装を身にまとい、舞台に上がろうとしていました。クォーターは12光年を隔てたスペース・フォールドに突入する。その艦影をランカはライブ会場前から見上げるのでした。

Sponsored



いまさら マクロスF 第5話 スター・デート

第5話 スター・デイトです。

Sponsored



今回はメカが登場する場面はありません。その代わりではないでしょうが、各キャラに焦点が当てられていたように思います。ミンメイちゃんと一条にかわってシェリルとアルト。早瀬さんの位置はランカでしょうか?そして、バジュラについても少しづつですが明らかにされていきます。

ランカちゃんは、ミス・マクロス・フロンティアへの出場で停学になったことがオズマに知られ、兄弟喧嘩の末に家を飛び出してしまいます。その頃、シェリルは、失くした片方のイヤリング探しを手伝うようアルトに半ば強制でお願いするのでした。
アルトらがロッカーの中を探しているところに突如女生徒たちがやって来ました。2人は、咄嗟にロッカーに隠れるのですが・・・、ロッカー内でシェリルと密着状態になったところにアルトの携帯端末の呼び出しバイブレーションが起動しまあす。

振動に思わず反応してしまうシェリルの表情がそそります。
外の女生徒に見つかるまいと必死に耐える2人は、なんとかその場を逃れることができました。一緒にいられて嬉しいでしょうと笑いかけるシェリルに、「自意識過剰だ・・・」と迷惑そうなアルトでした。(バチがあたるぞ!)

ランカを探すオズマの所にキャシーが訪れ、フロンティア政府の臨時安全保障委員会へと連れ出すのでした。車で委員会へ向かう途中、オズマはミハエルとルカにランカ捜索を命じます(公私混同、職権乱用)。また、キャシーとの関係について何やらありげな会話がありました。

難航するイヤリング探しに、シェリルはいつの間にかアルトの御守りを取り上げ、自分の胸の間に隠すのでした。手が出せないアルトに対し彼女はイヤリングを見つけてくれば返すと交換条件をつけるのでした。
その頃、美星学園では、ルカとランカの友人の松浦ナナセが停学処分になっているランカのことを心配し捜しに出かけようとしていました。ですが、ミハエルは乗り気でないと告げて先に帰ってしまうのでした。
ルカからの電話でランカの停学を知ったアルトは、シェリルから彼女(ランカ)からの電話だろうと茶化されるのでした。シェリルはデート気分でアルトとアイランド内を散策していた。街はシェリルのビジュアルで溢れかえっており、アルトはそんな中でシェリル本人と2人でいる事に戸惑うのでした。些細な事で笑い、はしゃぐシェリルを見て、アルトはシェリルも一皮剥けば普通の女の子なのだと気付くのでした。マクロス・ギャラクシーでは、インプラント技術が発達しているとシェリルから聞かされたアルトは、シェリルの美しさも作られた物なのではと疑います。シェリルは自分の身体は、一切の改造をしていない自然のままで、それもセールスポイントのひとつだと無邪気に笑う。「私は違うわ。ぜんぶ生まれたままよ」と。
先に下校したミハエルは、美星学園の校門で佇むランカを見つけてしまいました。「これだからお子様は・・・」とあきれるミハエルの説得をよそに、ランカは思うまま街をさまよいます。ミハエルは、成り行きとはいえ見つけてしまった以上放っておくわけにもいかず、仕方なくランカの後を追うのでした。
頑なに子供じみた反抗心を見せるランカに対し、ミハエルは自分の歌を聴くつもりで来ているわけでもない公衆の面前で、「ミス・マクロス」コンテストの時のように唄えるかと厳しい言葉を投げかけます。「唄い続ける覚悟って君にあるの?」
その言葉を受けて立ったランカでしたが、道往く人々の中、一言も返すことが出来ず、ただ立ち尽くしていました。

そんな時、ふと見上げた空に紙飛行機の姿を見つけた。

アルトの言葉を思い出したランカは思いを込めるかのようにしばらく息を止め、深く深呼吸する。そして静かに唄い始めた。その歌声は徐々に力を帯び、その歌声に気付き始めた人々は、足を止め聞き惚れていった。ストリートミュージシャンが、ランカの歌に演奏を合わせ、街角がみるみるうちにライブステージとなってゆく。

アルトとシェリルは、そんなランカの様子を偶然目撃する。そして、シェリルは熱唱するランカに複雑なまなざしを向けるのでした。

オズマたちを呼び出したレオンはバジュラを見せ、その研究の成果を語ります。生体機能を停止していたかに思われたバジュラの目が、まるでランカの歌声に反応するかのように、再び輝きを取り戻しました。力を取り戻したバジュラは標本容器を破壊しようとすますが、レオンの咄嗟の判断で処理され、一同は難を逃れるのでした。

イヤリングは見つからなかったのですが、シェリルは御守りをアルトに返します。そしてアルトの頬にそっとキスをするのでした。

遠くからですがその現場を目撃したミハエルとランカちゃんは、特にランカちゃんは衝撃を隠せないでいました。

Sponsored



いまさら 超時空要塞マクロス メカ編 リガード 6

Sponsored



マクロスΔの劇場版の話題で盛り上がっているなか、いまさらですがΔのTV放映版を見ています。Δに登場する一〇六式リガード。カッコイイのですが、諸元はよくわかりません。まずは、リガードとクァドランの大きさの比較です。

とまぁこんな感じです。マクロス・クロニクルによればクァドランの方がリガードより全高が少し高いです。

シルエットを張り合わせてこんなかな?と思っていたところ、この一〇六式リガードを立体化された方がいました。その作品が掲載されたホビージャパン2016年08月号を見つけました。

後ろ姿もばっちりです。すごいです。

製作記事によれば、1/72のリガードを改造したそうです。腕やバックパックは自作だそうです。

この一〇六式リガードでは、対空機銃と対人・対地機銃が廃止された代わりに、先端に火器を装着した腕が装備されています。両腕の武装の射界は、従来のものより広そうですので、火力は同等以上とおもわれます。

クァドランのバックパックを装備したことで期待されるのが機動力の向上と思います。一部慣性制御ができれば、窮屈な姿勢で乗り込んでいるパイトッロの負担を減じた高G機動が可能になるでしょう?画面では飛行シーンは見られませんでしたけどね。