いまさらマクロスF 第4話 ミス・マクロス

Sponsored



第4話 ミス・マクロスです。

それぞれの思いを実現するため、アルトはS.M.Sの厳しい訓練の末、最終試験に挑みます。一方のランカもミス・マクロスフロンティアに参加し、本選に進出しました。最終試験とミス・マクロス本選は同日同時刻。リン・ミンメイのデビュー曲「私の彼はパイロット」を唄うランカのシーンと、アルトの駆るVF-25の空戦機動が絶妙に絡み合います。
最終試験はバジュラの襲撃で実戦となりますが、アルトはクァドラン・レアとの連携でこれを切り抜け、最終試験に合格しました。一方のランカは、残念ながら落選となるのでした。


中華料理店「娘々」でバイトをするランカのドジッ娘シーンで始まりました。上の空で片づけをするランカですが、そこにミス・マクロスフロンティアの予選通過の知らせが届いて友人の松浦ナナセと喜びを爆発させます。
その頃、S.M.Sに入隊を目指すアルトは、通常よりも高い難易度のフライトシミュレータでしごかれていました。当然、被撃墜判定を繰り返すアルトには、無動力のEXギアを付けて格納庫26周(被撃墜数25+ミハエルの判定1)しなければならない屈辱の罰ゲームをこなすのでした。

他にも射撃、EX-ギアでの飛行に格闘技と多岐の訓練で疲れて眠るアルトに、ボビー、ミハエル、ルカの3人が顔にメイクを施した

ところにオズマが現れ、ミハエルとルカにアルトの資質を尋ねます。2人の評価を聞いてオズマはS.M.Sへの入隊最終試験を行う事を決定しますが、それはミス・マクロス・フロンティアの本選が行われる日でした。

ランカは舞台裏の雰囲気に飲まれて気圧されてしまう。(◎◎のサイズにコンプレックスが・・・)


今回の勝者ミランダ・メリン。松浦ナナセの知合いで、ジャスミン・メリンの孫です。リン・ミンメイに敗れた祖母の悲願達成!というところでしょうか。

コンテストが始まり出場者達が入場する中、アルトに最終試験の呼集がかかります。VF-25Fスーパーパーツ装備を選択したアルトは出撃していくのでした。

最終試験場所は、ゼントラーディの古戦場M217アステロイド群。先行していたクァドランレア3機のピクシー小隊がアルト、ミハエル、ルカのスカル小隊に仕掛けることで模擬戦闘が始りました。

コンテストの進行も順調でとうとうランカの番になりました。アルトの不在に動揺しますが、特技の歌を披露するころには気持ちも落ち着き、「私の彼はパイロット」を水を得た魚のごとく唄い舞い踊るのでした。


「・・大きなハートが重ねて・・」の歌詞に合わせて、クァドランとVF-25の軌跡がハートを描く細かい演出が光ります。

模擬弾による最終試験が続く中、突如バジュラが襲いかかってきました。偵察を兼ねていた為に実弾も積んでいたクァドラン・レアと連携し、アルトは、遺棄されていたゼントラーディ兵の武器を使って

かろうじてバジュラを撃破するのでした。


バジュラを撃破し基地へと戻ったアルトは辛くも最終試験に合格しました。ランカは、残念ながらミス・マクロス・フロンティアの栄冠を逃がしますが、アルトはそんなランカに諦めるなと励ましの言葉をかけるのでした。

二人に気を遣って席を外すルカ君。いい奴?だね、ルカ!?。

翌日、美星学園へと向かうアルトの前に突然シェリルが現れるのでしたた。