CODE ASTER 断面性能の計算

続けて、断面性能の計算をしてみました。

計算対象は下図に示す菱形の中空断面です。

Salomeでmeshを作成します。要素は三角形一次要素です。

mesh要素のグループを”shell”とします。せん断係数の計算のための点を”origin”として定義します。この点は、”shell”に含まれているmesh要素に含まれていなければなりません。要素境界のedgeには、要素の外周を指示します。

 

ASTKは下図の通り。計算結果はresuファイルに入ります。

commは簡単です。

DEBUT(LANG='EN',);

SECT=MACR_CARA_POUTRE(FORMAT='MED',
 INFO=2,
 TABLE_CARA='NON',
 GROUP_MA='shell',
 GROUP_MA_BORD='outside',
 GROUP_NO='origin',);

IMPR_TABLE(TABLE=SECT,);

FIN();

計算結果を材力の公式から求めた値と比較しました。

OKみたいです。