いまさら 超時空要塞マクロス 第7話 バイバイ・マルス

第7話「バイバイ・マルス」です。タイトルのとおり今回は火星が舞台でして、早瀬中尉の想いの人が務めていたところでした。

マクロスの捕獲を目的としているゼントラーディ軍は新し作戦を画策しました。それは、現在は閉鎖されている地球統合軍の火星基地サラを利用するものです。サラ基地にマクロスを引き込み、基地周囲に仕掛けた重力機雷でもって身動きをとれなくしたうえで攻撃、捕獲しようとするものです。度重なる攻撃で、マクロスの進路を地球帰還軌道からそらしながら物資の消耗、損傷の蓄積を図ります。さらに、擬装の観測データを発信させ、マクロスの注意をひきつけ火星方向に誘導します。

また、戦力面でも強力な増援を行いました。「味方殺し」の異名をもつ第118ボドル基幹艦隊第109分岐艦隊第7空間機甲師団長カムジン・クラヴシェラ(カムジン一家)を招聘します。彼らの登場は、まさに異名のとおり。見方艦の近傍にフォールドアウトし、接触した艦艇の数で酒を賭けるほどの謀略無人ぶりです。

カムジンは一見すると猪突猛進タイプかと思わせるのですが、その作戦指揮はなかなかどうして見事です。重力機雷を敷設した基地周辺には戦闘ポッドの大軍を配備し、マクロスが罠にかかるのをじっと待ちます。

サラ基地から離れた場所に着陸したマクロスですが、発見した補給物資の運搬を進めるため、基地に近づきます。そして、重力機雷の有効範囲に入ったところですかさずトラップ発動させ火星地表からの上昇離脱できなくしてしまいました。マクロスの動きが止まったのをみて、伏せておいた戦闘ポッドに一斉攻撃を命じます。

マクロス側も展開していたデストロイドやバルキリー隊でもって迎え撃ちますが、やはり多勢に無勢。損害は徐々に増加していき、劣勢になっていきます。ここは、なんとしてもゼントラーディ側の重力機雷を無力化しなければなりませ。そこで、グローバル艦長は、サラ基地内で調査を行っていた早瀬中尉に、基地の反応炉を暴走・爆発させることを命じます。基地地下にある反応炉の爆発で、地中に埋設された重力機雷を破壊するのです。

早瀬中尉は、反応炉を暴走させ、基地から脱出しようとしますが、途中で、ぐうぜんにも想いの人であるライバーの部屋を見つけてしまいました。部屋に入って想いでにふける早瀬中尉。艦長はバルキリー隊のフォッカー少佐に救助を命じます。フォッカーは、一条君に早瀬中尉の救出をまかせます。そして、ライバーの部屋にいた早瀬中尉を発見、部屋の壁を破りこれを無事救助しました。反応炉の爆発はサラ基地ともども重力機雷と敵戦闘ポッドの多くを破壊し、マクロスは火星から離脱することに成功しました。

いまさら 超時空要塞マクロス 第6話 ダイダロス・アタック

それでは、第6話「ダイダロス・アタック」です。
初のフォールド航行を地上近くで強行した影響でしょうか、マクロスは、予定していた月の裏側から大きく外れて冥王星軌道付近に移動してしまいました。おまけにフォールド・システムが消失してしまい、通常航行で地球に向けて帰還の途中です。フォールドしてから2か月で土星軌道付近まできています。ざっとですが3,000,000,000kmを移動しました。(2010年頃の冥王星は海王星軌道の内側なので、海王星軌道半径-土星軌道半径から求めました。)帰還途中でゼントラーディ側の攻撃を受けましたが、トランスフォーメーションで主砲射撃を可能としてこれを退けるのに成功しました。

一条君はミンメイちゃんのすすめもあって軍隊に入り厳しい訓練をこなしていました。そして初めての休暇でミンメイちゃんの買い物につき合わされて婦人服の専門店に行ったのですが、そこの下着売り場でブリッジ組とばったり遭遇!きまずい・・・。

マクロスの技術班は、フォールドシステムのあった場所でひずんだ時空連続帯に残存していたエネルギーを発見。これを使って、バリアの開発に着手しますが、マクロス全体を覆うものはつくれず、防御範囲は狭いがその位置を移動できるピンポイント・バリアシステムとして実戦配備します。

ゼントラーディ側はマクロスの追尾を継続しています。先の戦闘のトランスフォーメーションの意味を解明しようとしましたが、不明のままです。ただ、マクロスの目的が土星の環にまぎれて姿をくらまそうとしていると見抜き、準備を進めていました。
土星に到着したマクロスは氷塊のリング内で、はじめての反撃を試みる。一条君の初陣です。出撃前夜、一条君はミンメイちゃんを公園に呼びだすけど思いを告げることができませんでした。かわりに、記念写真をパシャリ。

奇襲作戦はカッシーニ空域で始まりました。バルキリー隊との連携で敵艦を主砲範囲に誘い込みますが、なんということでしょう、ピンポイント・バリアの接続によって主砲の発射が不能になりマクロスは窮地にたたされます。

もはやこれまでかと思われましたが、未沙の機転により、マクロス右舷のダイダロスの艦首部にピンポイント・バリアを集中させ敵艦に突撃。

ダイダロスが敵艦の装甲をつらぬいた上で、艦首部に配置されたデストロイド部隊がミサイルを一斉射撃し、敵艦を内部から破壊することに成功しました。

マクロスは敵艦を撃破し、作戦は成功しました。一方、ブリタイ司令はマクロスの能力を評価し、増援部隊の招集を決意しました。

いまさら 超時空要塞マクロス 第5話 トランス・フォーメーション(2)

調子にのって書いていたら長くなってしまいました。すみません。

方針決めて、指示も出したのであとは実行あるのみです。ブリタイ艦隊はマクロスを追ってフォールド。一方、一条君はミンメイちゃんの部屋でお話し中です。手紙を見つけて「彼氏から?」と振ってみましたが、あっさり「そんなわけないわよ。見てもいいわよ」と言われ、開けてみたら歌手のオーディションの予選合格通知でした。

テレビ放送のときは気が付かなかったけど、静止画でみたらなんと英語で書かれています。やはり世界統合されたあかつきには、公用語は英語なのかなぁと変に感心してしまいました。

あぁ、TOEICの勉強しなきゃ。

 

フォールド後、ブリタイ艦隊はしっかりマクロスを補足しまして、攻撃隊発進です。マクロス側もレーダーでこれを探知、これを迎撃します。バルキリー隊にスクランブルがかかりました。

ところで、某雑誌に取り上げられているかわったカラーリングのバルキリーが画面に映っていました。

単座だから、A型かな?

 

バルキリー隊とリガード隊の空間戦闘が始まりました。さすがに動きが速いです。マクロスの空戦の速さは特筆ものです。先の地上戦と違って、リガード隊が押しています。ロイさんも「なんてすばしっこいんだ!」とぼやいています。

そうこうしている内に、ゼントラーディ側戦艦が射程圏内に入ってきました。しかし、マクロスは主砲を撃てないので為す術がありません。不審に思ったブリタイ司令は参謀のエキセドルの意見を採用し、砲撃許可を出します。砲撃は1隻からだけですが、バルキリー隊や艦体の一部に被害が出始めます。リガード隊も攻撃を継続しています。艦砲射撃の中でも敵艦周辺で戦闘継続とはやりますねぇ!

ブリッジクルーからの被害報告で危機感をつのらせたグローバル艦長はついにトランス・フォーメーション実施との主砲射撃を指示しました。

トランス・フォーメーションによって、艦内は予想通りの大混乱です。地割れ(床の移動)による家屋の倒壊や交通事故、中には宇宙空間に吸い出されてしまった人もいました。

避難民居住区に甚大な被害を残してしまいましたが、マクロスは主砲の発射によりリガード部隊ともども敵艦を撃退することができました。一条君もミンメイちゃんとの話し合いから入隊を決意し、バルキリーパイロットの道が始まりました。

いまさら 超時空要塞マクロス 第5話 トランス・フォーメーション(1)

それでは第5話「トランス・フォーメーション」です。いよいよ強攻型のお目見えです。この、宇宙戦艦が変形する、というのは当時非常にインパクトがある事でした。

マクロスの閉鎖区画から12日ぶりに救出された一条君とミンメイちゃん。一条君はちゃっかりミンメイちゃんとともに、中華料理店「娘娘」の居候となっていました。避難民の人たちは、しっかり生活基盤の再建に働いています。

おここでスパルタン登場です。あっ!モンスターも艦内クレーンで運ばれていきました。

でも、いくら忙しいからといって、この吊かたはいけません。荷が滑って落ちたら大変ですよ。監督さん!

今回は明るくポジティブなミンメイちゃん。中華料理店の再開を積極的に進めます。そしてサービスショット。

さすが、中華だけあってチャイナドレスです。

一条君のほうは、約2週間の漂流生活のなかでミンメイちゃんに好意をいだくようになっていましたが、ミンメイちゃんの無邪気な態度や発言に混乱していました。まだまだ若いですな。女心と秋の空。女性のハートを理解するのは難しいことなのですよ。ロイ先輩を見習うことですな。
ところでロイ先輩から地球統合軍への入隊をすすめられたけど、ネガティブなかんじでしたね。やっぱ戦闘中の軍に入るには決断が要りますよね。

 

そしてマクロスの方ですが、フォールド・システムの消失というアクシデントによって、反応路とエネルギーコンバータを結ぶエネルギーパイプを失ってしまい主砲を発射するすべを失っていた。技師長(右側の人。本名不明です)は、マクロスの船体を強攻型に変形(トランス・フォーメーション)させることによって主砲のエネルギー回路が確保され、主砲発射が可能になることを見つけました。ヤマトの真田さんといいこの人といい技師長の活躍は、艦を窮地から救ってくれますね。けど、、トランス・フォーメーションは、復興されつつある避難民居住区にも混乱をもたらすので、艦長は使用不可という判断でしたが、まぁしゃーないか。それにしても民間人に気を使いますね。艦長さん!

ゼントラーディ軍艦隊司令ブリタイ・クリダニクは地球における市街戦の記録映像を見た際、地球人がマイクローンサイズであることを知ってびっくり。参謀のエキセドルの助言の「マイクローンの住む星には手を出すな」を受け、以後、地球にはかかわらずにマクロスを追跡することにしました。そしてマクロスを追ってフォールドし、デフォールド後にまずは戦艦1隻を派遣して出方を見ることにしました。

確かに相手が1隻ですから、偵察とけん制なら1隻でもいけるでしょう。結構手堅い指揮をしますね。

いまさら 超時空要塞マクロス 第4話 リン・ミンメイ

いよいよ一条君とミンメイちゃんの物語の始まりか?と思わせる状況ですね。危機的な状況を二人で乗り越えることで、お互いへの想いが深まり・・・なんて甘い展開を期待しますよね。

マクロスのフォールド(超空間転移)は、結構広い範囲を巻き込んでいました。出発地の南アタリア島とその住民約5万数千人と島の周囲にいた水上艦などなど。幸いにして島のシェルターに避難していた人たちは無事だったようで、マクロス艦内に収容されました。しかし、残念なことに攻撃空母プロメテウス、強襲揚陸艦ダイダロスの乗組員の方々は亡くなられたようです。地球上での運用しか考えていない(当たり前ですけど)船で真空の宇宙空間に放り出されたら助かりませんよね。運よくバルキリーのコックピット内にいれば助かったのでしょうが。それなら、島のシェルターは気密ハッチで耐圧仕様だったのですね。ロイさん曰く「全面戦争になっても大丈夫」は気休めではなく本当だったんだ!

状況判断が的確なグローバル艦長は、あらゆる物資をマクロスに収容するように指示していました。もちろん人命救助が最優先でしたね。撃沈されたアームド1と2の代わりにプロメテウスとダイダロスをくっつけたのが艦長の指示だったとは・・・今頃知りました。

では、一条君とミンメイちゃんの方ですが、マクロス艦内に飛びこめたのだ、宇宙空間で窒息死はまぬがれました。入った場所が無人の閉鎖区画だったので困ってしまいましたが、持ち前の明るさで頑張っていました。

「コンパスってこんなの」の表情。

配管を壊してのみ水を確保したついでにシャワーを浴びたりで、視聴者サービスがありました。


さすがに漂流生活第7日になると食料欠乏しまして近くを浮遊していた巨大なマグロの頭を捕獲したりしていました。食料確保の代わりにスーツ損傷で宇宙空間に出ることができなくなってしまいましたが。
漂流生活第12日になると、さすがに万策ついて悲観的になったミンメイちゃん。「死ぬ前に結婚衣装が着たかったな」に応えて一条君の「結婚式でもやりますか」発言。そして、この名シーン。

マフラーをベール代わりに。そして

キスしようとしたその時、製作サイドはミンメイファンの想いをくみ取り、ゼントラーディ軍の不発弾で天井をつき破って艦内にいるみんなの元に二人を送り届けたのです。(一条君、ミンメイちゃんの唇を簡単には奪わせん!)

今回のメカですが、二人を吊り上げたクレーン車です。やはり重力があるところでの運搬には必要なのですね。

いまさら 超時空要塞マクロス 第3話 スペース・フォールド

マクロスは無事?発進しましたが、南アタリア島の市街戦は続行中です。一条君とミンメイちゃんを乗せたバルキリーは、絶命したゼントラーディ兵士にがっしり足を掴まれて身動きできなくなってしまいました。そこに、フォッカーさんが助けにやってきて、この機構(マジックハンド?)で

器用にコックピットを分離させました。

これは有名なシーンですよね。「こんなのあり?」「どうなっているの?」の声に「便利だろう?」と返されて、二人は無事に脱出してマクロスに到着することができました。着艦直前の一条君の有名な一言「なんですぅ、このおばさん」が出ます。「おばさん」はないでしょう?早瀬中尉はまだ19歳ですよ?

衛星軌道まで上昇してしたマクロスはアームド1、アームド2を含む宇宙艦隊と合流しようとしますが、ゼントラーディ軍の圧倒的な攻撃で「まとめて3隻」撃沈されてしまいました。この状況でグローバル艦長は、敵の攻撃を回避するため、地球に降下させて南アタリア島に着陸すると見せかけて、地表付近でフォールドを実行します。

光速を超える方法としてワープ(跳躍)航法とならんで有名なのがフォールド航法ですね。マクロスに近接していた南アタリア島とその周辺空域ごと移動させてしまいました。

ワープみたいに事前の加速も不要のようですし、自身周辺のものも一緒に移動できるのは、使い方によっては便利だな、と思うのは私だけでしょうか?

フォールド目標地点は月の裏側でしたが、到着したのは冥王星軌道のやや内側。NASAのホームページにある冥王星探査機ニューホライズンの軌跡だとこんな位置関係です。

これを書いている時点で、冥王星軌道を越えて遠方に行ったのはパイオニア11号、ボイジャー1号と2号そしてニューホライズンの4機だけです。最も高速なニューホライズンが2006年打ち上げで冥王星到着が2015年ですから遠いですよね。

悪いことに、フォールド・システムは謎の消滅をとげてしまいました。でもマクロスの場合、太陽の重力で加速できるからもう少し早く地球に戻れるのかな?(劇中では1年弱で戻ってきました)

一方、一条君とミンメイちゃんは愛機で南アタリア島に帰ろうとしますが、発進直後にマクロスのフォールドに巻き込まれて宇宙に逆戻りしてしまいました。ですが、墜落したリガートの爆発によって生じたマクロスの破損箇所に機体を飛びこませ、ふたたび艦内にもどることができました。おしりのジェットだけで機体を操るとはなかなかですね。

今回の終りに、第2話に登場したものとは違うタイプの大型ミサイルを搭載したリガードです。

第4話へ

 

いまさら 超時空要塞マクロス 第2話 カウント・ダウン

この話ではゼントラーディ側の戦闘メカがいっぱいお目見えします。が、まずは前回のつづきで、主人公の一人、一条君。バルキリーに乗って出撃、不時着しました。

場所は市街地の「娘娘(にゃんにゃん)」という中華料理店の前でした。一条君はそこで、中華料理店「明謝楼(みんしゃろう)」の娘で、たまたま南アタリア島の叔父、叔母の「娘娘」に遊びにきていたミンメイちゃんと出会います。

「これ何に見えます~?」「ロボット!」「やっぱり。ひどいなぁ。飛行機をロボットにして!」となんと呑気な会話でしょう。

政治家の圧力で、時間をかせぎのため、艤装も済んでいないのに発進!でも飛び立ったのは重力制御システム。あちゃ~。

美沙様の「ひろったものを使うからです!」の厳しい一言がブリッジに響きます。ちゃんと艤装をしないから。仕事の上でもよくありますね。上司の無理強いで試運転確認をスキップするとひどい目にあうのは・・・。

一条君はフォッカーさんの助けで自力行動が可能となりました。バルキリーって他のバルキリーを修理できたんですね。すごい。

地上の落ちたマクロスを占拠しようとして、ゼントラーディ側陸戦部隊登場です。

偵察型と小型ミサイル搭載型のリガード登場。

指揮官用のグラージも登場で、市街戦に突入です。

「こんばんわ」「え?」とこの後バルキリーはハチの巣となりあえなく四散します。

一条君の方は戦闘のさなか、乗機から降りてきたゼントラーディ兵士のひとりに襲われていました。、容姿は人間そっくりですが大きさが7倍ちかくもあります。激しいショックですよね。
この後マクロスは上昇用ロケットエンジンを使って発進しますが、最初から自社(地球)製のエンジン使わなかったのはなぜなのでしょう?噴射炎で地上が吹き飛ばされるのを防ぐためなのでしょうか?艦長さんもたいへんですね。

第3話へ

いまさら 超時空要塞マクロス 第1話 ブービートラップ

第1話「ブービー・トラップ」です。
西暦1999年7月、突如宇宙から異星人の宇宙戦艦らしき物体ASS-1(AlienStarship-1)が地球に飛来し、地上に甚大な被害をもたらしながら南アタリア島に落下しました。この事件を契機に、地球統合政府の樹立が構想されますが、反対派との戦争になります。ここから7年におよぶ反統合軍との統合戦争終結の間の出来事がマクロス・ゼロで描かれています。テレビ版では、地球統合政府が設立されている西暦2009年から物語ははじまります。

これが不時着(?)時の様子です。ASS-1の前部は地中に埋没したという記述もありますが、ごらんの映像と、他の資料における描写から、前方の主砲部分は吹っ飛んでいたと考えます。

おおよそ10年で元通り!すごい!異星人の船を直してしまうなんてまさにデカルチャー!。でも、よろこんではいられません。ASS-1は人類の手によって修復され、2009年2月、地球統合軍宇宙艦隊所属SDF-1(Super Dimension Fortress-1 / 超時空要塞)マクロスとして晴れの進宙式をむかえました。

式典にはミンメイちゃんもよっちゃんといっしょに来ていましたね。早速、ロイさんはミンメイちゃんのおしりにくぎ付けでした。画面でのおしりは、なかなかの動きでしたね。一方、式典のさなかASS-1の頃のフォールド(超時空航行)反応を追跡して地球付近にあらわれた異星人(ゼントラーディ軍)の戦艦にたいして主砲をぶっぱなしちゃうんですね。

構え!

撃てー!とやっちまったわけです。見事な先制攻撃。2隻撃沈!。地表近くでこんな大出力の兵器を使用したら、周囲の建物とかは無事なのかしら?マクロスTHE FIRSTでは丘がえぐられていたけど?

あとは、不測の事態から戦闘開始。みんな否応なしに戦闘、それも異星人との戦争にまきこまれていくわけですね。主人公の一人、一条くんも初めて乗るバルキリーで、不時着でしたね。

ところで、

この機体ランサーⅡは?バルキリーがあるのに、こんな兵器も運用していたのですね。

第2話へ

いまさら 超時空要塞マクロス

超時空要塞マクロス。1982年に始まったアニメで、戦闘機からロボットに変形するVF-1バルキリーは超有名ですよね。一見、F-14似の戦闘機が人型のロボットに変形するだけではなく、その途中のGERWALKというVTOL機能を持つ形態で活躍するのも新鮮でした。テレビで見ていた時は、変形がすごいなぁ~とかミンメイがかわいいなくらいしかおもっていませんでした。カッコイイメカと主人公たちの三角関係が織りなす物語は他のロボットものとは違った趣でしたね。

放映終了してからはマクロスとは縁がない生活でした。が、最近いっしょに飲みにいくエンジニア仲間の一人がカラオケで必ずマクロスのオープニングテーマを歌うのです。カラオケの画面はなつかしいアニメのOPです(行きつけのお店のカラオケ画面がアニメOPなのです)。

そして「マクロスこの姿勢での主砲発射は初回限りだったよね」とか「GERWALKではエンジンストールしないの?」とか酔っ払いのアニメ談義が始まるのでした。これがきっかけでマクロスを見直してみようと思ったのです。(マクロス 第1話の話はこちら

見直してみて気が付いたのは、武器体系です。地球側のデストロイドは下回り(下半身)が共通で上部を変えれば、格闘戦、砲撃戦、防空戦に対応するものとなるのです。主役メカのバルキリーもA、D,JとSの各型がありますが、頭部を除けばほぼ同じに見えます。敵方も外部装着の武装を交換すれば、火力支援や偵察の任務に適したものとなるのです。そうです、敵も味方も”モジュール化”されているのです。モジュール化といえば自動車が、特にトヨタが有名ですが、80年代にすでにアニメの設定に取り入れられていたとは驚きです(というか自分が勉強していなかったと思い知らされました)。

アニメはアニメでしょうが、バルキリーのプラモデルで完全変形を実現したりする技術には感心させられます。機構の考案から生産技術との折り合いをつけての商品化など、バンダイさんの記事は機械設計をしている私にとってはプロジェクトXに出してほしいくらいの内容でした。特に脚部の変形機構は、ほんとうに脱帽ものです。

アニメ好きとメカ好きと

こんにちは。一人です。

職場で同僚と趣味の話で盛り上がることはありますよね?(一人では独り言ですが・・・そこは突っ込まないでください)そんななか、「アニメが好き」と言うと微妙な空気になることがよくあります。

ところが、「車が好き」「バイクが好き」というと、「私も」というリアクションがかえってくることが多いです。「飛行機」「船」、たまに「建設機械」でもOKなことが多いです。

でも「アニメ」だと微妙になります。アニメだって、メカは沢山でてきます。飛行機だって、船だって、最近はロボットもパワードスーツ(モビルスーツ含む)もでてきます。理論的には?がつくところが多いけど、それでも最近のメカは”あと何年かしたら現実になるのでは”と思わせるものが増えてきていると思います。

ある日、知人と飲む機会がありまして、最近のアニメは魔法と女の子に占領されていると嘆いていました。言われてい見ると、最近、魔法ものばかりみているなぁと。

周囲の人は「アニメ」といえばメカよりも他のものを思い浮かべることが多いのでしょう。個人的には、人の想いが「アニメ」でビジュアル化し、その先に物質化(現実化)すると思うのです。いつか独創的なものを描いてやる!

と、独り言でした。