いまさら 超時空要塞マクロス 第34話 プライベート・タイム

第34話「プライベート・タイム」です。クローディアさんとフォッカーさんの馴れ初めを聴いて、早瀬さんは一条君と仲直りすることに成功しました。そして、舞台は、早瀬さんのお宅の中で、早瀬さんがウキウキ気分でお弁当のサンドイッチを準備していました。「ヤッホー!」なんていままでの早瀬さんからは想像できないセリフも飛び出します。それもそのはず。なんと休暇の日に一条君に森林地帯へのピクニック(デート)に誘われていたのでした。

しかし、一条君はの方はミンメイちゃんからの急な電話を受けて困っています。”マクロス・シティにいる人ならいつでも会えるじゃないの”という強引な言葉に押し切られ、早瀬さんとの約束を反故にしてしまいます。一条君も早瀬さんに予定急変によるデートのキャンセルの電話をかけますが、既に待ち合わせ場所にいる早瀬さんに連絡がつきません。

ハイランダー・シティのレストランで、早瀬さんのことを気にしながらも一条君はミンメイちゃんと2年ぶりにふたりだけの時間をすごす。ミンメイちゃんはイオネスコ市で救出してくれたお礼に、一条君に白いロング・マフラーをプレゼントしるのですが、そのマフラーには一条君とミンメイちゃんのイニシャルが縫いこんであったのでした(まさにこれがブービートラップとなるのです)。
よい雰囲気の二人ですが、ミンメイちゃんを探して店にあらわれたカイフンによって状況は一変します。仕事が入ったことを告げるカイフンに対し、「仕事に行きたくない」と反抗するミンメイちゃんです。テーブルのグラスを干して「もう酔っちゃった」と子供じみたことをしますが、業を煮やしたカイフンは、コップの水をかけてミンメイちゃんを強引に連れていってしましました。一人残された一条君はやけ酒を(少々)あおりますが、マクロスシティーに戻るためハイランダー・シティの空港へ向かいます。おりしも空港ではゼントラーディ人の暴動が起きており閉鎖されていました。軍にかけあった一条君は自らデストロイド・スパルタンを操縦して暴動鎮圧の指揮をとります。暴徒たちを撃退してファンライナーでマクロスシティーへ急ぎます。

マクロスシティーでは夕闇がせまる中、早瀬さんは一条君を待ち続けていました。健気です。(とっても)遅れて到着した一条君を早瀬さんは責めることなく、遅れたわけを訊くわけでもなく、やさしく許すのでした。腕を組んで歩き始める早瀬さんと一条君。その肩に、一条君はミンメイちゃんからもらったばかりのマフラーの片端をかけるのですが、そこには何ということでしょう、一条君とあろうことかミンメイちゃんのイニシャルが刺繍されていたのでした。二人のイニシャルを見つけた早瀬さんは「かけてあげる人をまちがえているわよ!」といって一条君を残して去っていってしまうのでした。

ミンメイちゃんはサウスコースト市のコンサートで、とうとうコンサート会場から逃げだしてステージを放棄するという職場放棄という不祥事を起こしてしまいました。会場ではファンが声援を送りつづけてくれたというのに・・・。ミンメイちゃんのあまりにも身勝手な行いにあきれたカイフンは、「きみの歌に人を思うやさしさがあればほんものの歌手になれる」と残していずこかへ姿を消してしまうのでした。