いまさら 超時空要塞マクロス 第33話 レイニー・ナイト

第33話「レイニー・ナイト」です。ようやくミンメイちゃんを救出し再開を喜び合う一条君に対し、やっかみから命令をだしてしまった。早瀬さん。一条君に謝る機会をつかめないまま、落ち込む日々が続きます。そんな早瀬さんを見かねたクローディアさんは高級紅茶を差しいれ、一条君との仲直りをアドバイスします。しかし、一条君は一条君で態度がエスカレートします。謝るために司令部への出頭を命じたのに、報告書を投げつけ、仕事熱心も度が過ぎると嫌味だと悪態をつき、あまつさ早瀬さんの部下のヴァネッサをお茶に誘うことまでします。一条君の行動も顰蹙ものですが、早瀬さんのはっきりしない態度にも司令部の女性陣はあきれ気味です。

その日の夜、マクロス・シティは雨でした。一条君の部屋の前で雨に濡れて立ちすくんでいる早瀬さんを見かけたクローディアは自宅に早瀬さんを誘います。ところで二人は南アタリア島の勤務ではルームメイトだったのですね。お茶を勧めようとしたクローディアさんに早瀬さんはお酒を所望するのでした。ワインを数杯空けたところで、早瀬さんはフォッカーとの馴れ初めについてクローディアさんから話を聞くのでした。

統合戦争の当時に志願して軍に入ったクローディアさんがフォッカーさんに出会ったのは、初めて配属された基地ででした。当時からフォッカーさんは、多くの女性達に手を出していました。ただ、腕は確かです。当時の愛機マックネル・ドグラードラゴン2(左)を駆って、基地を襲撃しにきた反統合軍のカリョービン(右)を銃撃で落しています。クローディアさんとの初デートの時も、他の女の子を車に乗せて現れる始末です。奔放で剛胆な言動のうらに隠されたフォッカーの繊細な一面などを知ったのは、南アタリア島でフォッカーさんに再会してからでした。試作機のテストパイロットとして豪胆に振る舞うその陰に、不安に耐える繊細なところがあるのでした。

宿舎で一人、天井を見上げる一条君は、ヴァネッサの口から、早瀬さんの一条君にたいする気持ちを聞かされて、ようやく早瀬さんのいちいちの行動が腑におちたのでした。早瀬さんをさがして雨に街を走りまわる一条君は、クローディアさんの家にいる早瀬さんを見つけます。雨の中、一条君と早瀬さんは一つ傘の下歩いて帰宅するのでした。途中、今までの行き過ぎた態度をあやまる一条君に、早瀬さんは昼間にいいだせなかった紅茶のことを話して、一条君をお茶に誘います。よい雰囲気で一条君の家に向かうふたりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です