いまさら 超時空要塞マクロス 第32話 ブロークン・ハート

第32話「ブロークン・ハート」です。新統合政府が、地球人とゼントラーディ人の生い立ちの解明を進める中、両者の戦闘との関わりが断ち切りがたいものであることが浮かび上がってきました。地球の「文化」に馴染めないカムジン一家は、奪取したマイクローン装置を使って各都市から脱落したゼントラーディ人を誘い集め、昔のゼントラーディ軍の再編を推し進めています。

無人の武器集積地にパトロール隊を引き付けることに成功したカムジンは、こんどはイオネスコ市のコンサート会場を襲撃します。そして、何ということでしょう。会場にいたミンメイちゃんとカイフンを人質にとった上、新統合政府にたいして戦艦(と装備一式を含む)の引き渡しを要求するのでした。カムジン曰く、「地球人の方法を学んだだけだ」と。

捕らわれたミンメイちゃんは歌でカムジンを動揺させて脱出しようとしますが、逆にカムジンのからかいを受けてしまいます。カムジンから、「もうおまえさんに騙されるほどウブじゃないと」嘲笑される。さらにゼントラーディ人は”文化を知らない時”にきいた歌に驚いただけで、ミンメイちゃんの歌をに感動したのではないと、たんにものめずらしかっただけだと愚弄されるのでした。ラプ・ラミズとカムジンでそれぞれカイフンとミンメイちゃんを人形のようにいじくりまわり、「文化的な遊び」を楽しむのでした。

ミンメイちゃんが人質にとられたことを聞いて動揺する一条君に早瀬さんは感情的になってしまいます。早瀬さんと一条君はたびたび口論になります。しかしミンメイちゃんで心が一杯な一条君は早瀬さんの想いに気づかないのでした。

歌が通じず落ち込んでいるミンメイちゃんは、フォークでできた折にカイフンと一緒に閉じ込められます。新統合軍からの回答を待つ間に酒盛りをしているカムジンたちにカイフンは弁舌による説得を試みます。そんなカイフンをミンメイちゃんは「あなたはいつも口先だけね」と蔑むのでした。カムジンたちも説得されるはずもなく、反対にカムジンとラプ・ラミズの「文化」(キス)を見せつけられるのでした。

早瀬さんを指揮官とする救出部隊は、脱落者を装ったゼントラーディ人をおとりにしてカムジンを包囲網に誘いだし、その隙に防備があまくなったコンサート・ホールに奇襲をかけ人質のミンメイちゃんとカイフンを救出する作戦を実行します。

作戦どおりに誘い出されるカムジン。なんと奪ったデストロイドモンスターにまたがり出撃です。しかし、向かった先では、デストロイドモンスターの大群がまちかまえていました。

主砲の配置が、4連装から2連装×2になったような気がします。新型なのでしょうか?カムジンたちが、デストロイド部隊の足止めを受けている間に、一条君の指揮するバルキリー部隊は、コンサートホールに突入し、見事人質を救出するのでした。

助けてもらったのに、なにが気に入らないのか、カイフンは早瀬さんに救出のお礼も言わずに十八番の軍人批判を繰り広げます。さすがに、これにはミンメイちゃんが割って止めに入ります。無事をよろこんで抱きあう輝とミンメイちゃんですが、早瀬さんは一条君に、敗走したカムジンの追撃隊に加わるように命じます。これは明らかに早瀬さんのやっかみです。半ば切れ気味の一条君に「あなた中隊長でしょ?」とダメをだします。出撃していく一条君を見送りながらミンメイちゃんは、いまなら一条君の気持ちにこたえられることを確信するのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です