いまさら 超時空要塞マクロス 第31話 サタン・ドール

第31話「サタン・ドール」です。ゼントラーディ軍の自動宇宙船製造工場衛星を入手しました。軍備増強の切り札として期待されていたのですが、現実は監察軍との戦闘での損傷が酷く、期待していた製造能力が得られません。

地上の方では、日常生活に不満をもつゼントラーディ人の暴発が頻発しています。今回は、トラッド・シティで暴徒化したゼントラーディ人たちがマイクローン装置を奪って逃走を計りますが、郊外に出たところで一条君の率いるパトロール隊がこれを阻止しました。一条君は街に戻ったマイクローン装置が武装集団の標的になることを懸念して、装置をマクロス・シティに移送し、軍の管理下におくことを主張します。しかし、偶然トラッド・シティにコンサートの打ちあわせに訪れていたカイフンが、反軍思想から市長や民衆を扇動し、装置の持ち出しを妨害します。市民の抵抗にあった一条君はマイクローン装置を街に残して引きさがらざるをえない状況でした。その場に居合わせたミンメイちゃんは、一条君のために何もできない自分をもどかしく感じるのでした。カムジンとラプ・ラミズは自分の一味の増強のため、マイクローン装置を何としても手に入れようと画策します。そして、部下の成果のなさに業を煮やし、自身でヌージャデル・ガーを駆って強奪に向かうことにしました。

マクロスの方では、エキセドルによる研究結果の報告が行われていました。それは50万年以上もむかしに繁栄した「プロトカルチャー」と呼ばれる一大宇宙文明が、あるとき二つの勢力に分裂し闘争をはじめた際、遺伝子操作によって戦闘用にゼントラーディ軍と監察軍の巨人たちが造られた、というものでした。地球人は「文化」をもつが「プロトカルチャー」ではないことも明らかになりました。人工的に作り出されれ、「文化」を与えられずに戦いのみに明け暮れる自らを、エキセドルは「悪魔の人形」と評するとともに、同じ遺伝子を持つ地球人についても、その将来に悲観的な予想を語るのでした。

一方、トラッド・シティでは、市長がミンメイちゃんとカイフンにコンサート会場の説明を行っていました。大きなホールとそれを満員にして見せると自身たっぷりの市長の話にカイフンは満足そうです。そこにカムジンの部隊が侵攻してきて、マイクローン装置を守るデストロイド・バルキリー部隊と激しい市街戦を繰り広げます。画面では久しぶりにスパルタンやファランクスが登場しますが、今回は「やられ役」でした。カムジンの部隊は損害を出しながらも守備隊を壊滅させ、マイクローン装置の略奪に成功しました。ミンメイちゃんは、治安維持のためにマイクローン装置の移送を主張した一条君を応援してあげられなかった自分を悔やむのでした。