いまさら 超時空要塞マクロス 第30話 ビバ・マリア

第30話「ビバ・マリア」です。軍備増強のため、ゼントラーディ軍の自動宇宙船製造工場衛星の奪取作戦の実施が決定され、一条君、マックス夫妻(コミリア同伴)などで編成されたバルキリー隊と、シャトルに搭乗する早瀬さん、クローディアさん、エキセドルはブリタイ艦に向かいます。

この頃のVF-1は大気圏離脱にブースターを使用するのですね。右のウィキペディアからのナイキミサイルと雰囲気が似ていると思いませんか?

左が早瀬さんたちが搭乗するシャトルです。シャトルもバルキリーも大気圏を離脱したらブースターを捨てるのですね。

一同がブリタイ艦に着艦して目的の工場衛星をめざします。マックスが操縦したバルキリーで壊されたブリッジやダイダロスアタックで受けた破孔はしっかり修理されています。さらに、地球人用のコンソールや居住区画も設けられていました。

自動宇宙船製造工場衛星に向けての長距離フォールドの間、マックス夫妻の部屋でホームパーティーが開かれました。コミリアを抱かせてほしいとお願いする早瀬さんに、ミリアは、「子供が抱きたければ自分でつくればいいだろう?」と返します。一条君もいる前で直球を投げこむミリアさんです。マックスのとりなしで早瀬さんは無事にコミリアを抱くことができました。

コミリアを抱いて、満足そうな早瀬さんでした。

 

 

 

パーティー後に早瀬さんは一条君を部屋でのお茶に誘います。一条君は、早瀬さんの部屋で昔のライバー少尉といっしょに微笑む早瀬さんの写真を見て、複雑な表情を浮かべました。お茶を飲みながら、早瀬さんは一条君に「話はかわるけれど、この前から聞きたいと思っていたことがあるの」と話を切りだしますが、「あたしと・・・」といいかけたところで招集がかかり、早瀬さんは一条君を部屋において艦橋へ向かうのでした。

招集の理由は、破壊された「監察軍」の戦闘艦を見つけたからでした。調査を具申する早瀬さんですが、任務の重要性とブービートラップの可能性を主張するエキセドル参謀の反対で、そのまま放置することになりました。

工場衛星を守備するゼントラーディ軍にたいし、ブリタイはまず降伏を勧告します。相手にカルチャー・ショックをあたえるために、ミンメイの歌が発信されます。そして、早瀬さんはキスの再演を要求され、赤面してとまどいますが、一条君に”上官命令”といって強引に迫り、キスしてみせるのでした。


頑張った二人ですが、今回もっとも相手のゼントラーディ兵士たちに衝撃を与えたのは、敵旗艦に突入したマックス・ミリア夫妻が抱きあげたコミリアの存在だったのでした。

カルチャーショックですっかり混乱した衛星守備のゼントラーディ軍は同士討ちをはじめ、あっさりブリタイ艦に掃討されてしまいました。奪取作戦は成功し、損傷が激しく長距離フォールドに不安がある工場衛星でしたが無事に地球に持ち帰ることに成功するのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です