いまさら 超時空要塞マクロス 第28話 マイ・アルバム

第28話「マイ・アルバム」です。基幹艦隊との戦闘から2年が過ぎた地球が舞台です。先の戦闘で地表は壊滅的な被害を受けました。生き残ったのは、マクロス・ブリタイ艦隊にいた人と地球上で生き残った僅かな人たちでした。彼らは、地表に降下した艦艇を中心に街の再建を始めていました。自然再生計画で積極的な復興が行われていますが、計画範囲外の地域でも植物の群生が見られ、自然が甦りつつあるのがわかります。戦禍からの復興のため皆が力を合わせて務めているのですが、ゼントラーディ人の間では地球の文化(生活)になじめない連中が不満を募らせて暴れる者もいました。そんな輩に対応するため一条君のバルキリー隊は日夜パトロールに従事しているのでした。

早瀬さんは昇進して少佐になっています。マクロス内に設けられた司令センターでバルキリー隊の指揮をしています。非番のときは一条君(彼も大尉に昇進)の部屋のお掃除です。

早瀬さん曰く「・・・頼まれてもいないのに、私が勝手にやってるんだから」。郵便ポストに入っている合鍵を利用して通い妻ですか?!一条君の部屋で見つけたアルバムにミンメイちゃんの写真しかないのを見て、部屋のポスターを逆さまに張り直していました。帰り道、カフェで一息ついているところにマックス夫妻がコミリアちゃんをつれて通りを歩いていきます。それを自分と一条君に置き換えた姿を想像したりして、女性らしさをどんどん発揮しています。

一方、ミンメイちゃんはカイフンをマネージャーとして地方巡業の日々を過ごしています。軍嫌いのカイフンの意向でマクロスのあるマクロスシティには行かないようです。復興の手伝いを謳い文句としているようですが、プロ意識が強い(?)カイフンは報酬の少なさに酒を飲んでイライラを爆発させていました。マクロス艦内でのコンサートと今の地方巡業を比べて惨めさや先行きの不安を感じているように見受けられます。

ある日、不満を持つゼントラーディ人が戦闘ポッドを奪取して破壊活動を始めます。これは、一条君たちの活躍で無事に鎮圧しましたが、非常呼び出しに即応しなかった一条君の行動から、早瀬さんは一条君がミンメイちゃんのところに行っていたのを察したのでした。帰還した一条君を少々問い詰めますが、大人の女性ですから自制が効いていましたね。黙って自分のスナップ写真を渡すなんて、何て健気なのでしょう。マクロスが放映されていた頃は、これも”理想の女性像”の一つでした。

不満を募らすゼントラーディ人の増加、カイフンとの不仲から関係を見直そうとするミンメイちゃん、と先行きの暗さを暗示する回でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です