いまさら 超時空要塞マクロス 第23話 ドロップ・アウト

第23話「ドロップ・アウト」です。ブリタイ司令の作戦により、ゼントラーディ側の戦闘ポッドの侵入を許してしまったマクロス側です。マクロス艦内の市街地にも戦火がおよびます。もちろん、ミンメイちゃんのコンサート会場にもリガードが現れます。流れ弾で落下した照明灯からミンメイちゃんをかばってカイフンは負傷してしまいます。

マクロス艦内の市街地に侵入して「文化」を目のあたりにしたゼントラーディ兵士らに変化があらわれます。特にミンメイちゃんを目撃した者の話を聞いて、「文化」が実在することを知った兵士たちは戦意を喪失していきます。自分の部下のこの様子を見たカムジンは逆上し、逃亡を図る部下たちを撃破していきます。士気を保つためとはいえ、二つ名のとおり「味方殺し」ですね。艦内に侵入したゼントラーディ軍の混乱はマクロスブリッジでも認められ、グローバル艦長は、バルキリー隊を投入して艦内の戦闘ボットを追い出すよう指示を出します。

一方、ミンメイちゃんを守るため、群がるリガード達を薙ぎ払いようやくコンサート会場に到着した一条君ですが、そこで見たのは映画と同じように、抱き合い口づけをするミンメイちゃんとカイフンの姿でした。実際はミンメイちゃんをひとりの女性として意識するようになったカイフンが、強引に行ったことなのですが・・・。ショックを受けた一条君は、早瀬大尉に救護班の派遣を要請したあと、怒りにまかせてリガードたちの中に飛び込むのでした。

カムジンを憤らせた「逃亡者」「戦意喪失者」の発生にブリタイ司令とエキセドル参謀は、プロトカルチャと文化の力を認め、ブリタイ司令に作戦中止を決断させます。

戦闘終了後、一条君は上層部に呼び出されます。ある一室に入った一条君がそこで見たのは、マクロス艦内への逃亡を図った「青い風」3人組でした。彼らを含む23名の兵士は亡命を希望し投降していました。以前に、ゼントラーディ側の捕虜となった経験を持つ早瀬大尉、マックス(柿崎は既に戦死)と一条君は、彼らの受け入れを主張しますが、マイストロフ大佐らは強硬に反対します。ゼントラーディ人を地球人とは異なる種族と思われていたが、血液などを分析した結果、地球人とゼントラーディ人はおなじ遺伝子構造をもつ同一種族であることが判明しました。これを受けて、ついにグローバル艦長はゼントラーディ人の亡命許可を出すのでした。

早瀬大尉と一条君は市街地の様子を視察します。ついつい「娘娘」に足が向く二人です。カイフンの両親が病院に向かう間、二人はお店の掃除に精をだします。「文化」がゼントラーディ人との和平の糸口になることを話す二人ですが、いつしか話題がミンメイちゃんとカイフンのことになります。一条君に、ミンメイちゃんへの想いをしっかり伝えることを勧める早瀬大尉です。やっぱり年下の男の子の行動にはヤキモキするようです。

ゼントラーディ側の残存部隊との戦闘終了後、早瀬大尉は地球統合軍総司令部におもむき、ゼントラーディ人に地球人の生活、「文化」を教えることで和解、共存できることを軍首脳部に説明したい旨をグローバル艦長に具申し受入れられます。

早々に地球に出発する早瀬大尉は、一条君とすれ違いになってしまうのでした。