いまさら 超時空要塞マクロス 第21話 ミクロ・コスモス

第21話「ミクロ・コスモス」です。統合軍司令部からの命令で地球外への出撃を命じられた、と言えば聞こえはよいのですが、実際には見捨てられてに近い状況のマクロス。しかし、マクロスの民間人は逞しく、艦内で映画を完成させるまでになりました。

今回の始まりは、映画「小白龍」の完成記念パーティーからです。映画は完成し、人気絶頂のミンメイちゃんですが、大量の仕事を入れようとするマネージャーや絡んでくるジャミス・メリンをあしらうのにお疲れ気味です。一条君との距離をますます感じる日々です。そん中、映画初日の一番よい席を一条君のために用意したミンメイちゃんですが、彼との連絡がうまくとれず、またまたすれ違ってしまいました。

せっかく用意した席が空席になっているのを見て、がっかりしたミンメイちゃん。あ~ぁ、ていう感じですね。席にはいませんでしたが、一条君はちゃんと劇場にきていましたよ。

 

ここが、主人公役のカイフンとヒロインのミンメイちゃんのくちづけをかわすシーンです。これを見ていたたまれなくなった一条君は、映画が終わる前に劇場から出てしましました。

 

さらに、不運にも劇場を出たところで躓き、よろけていったその先にあったのは、

 

 

ライバーの面影をカイフンにもとめて映画を見にきていたのですが、一条君と同じ理由で途中退席してきた早瀬大尉でした。あちゃ~。でも、他の人だったら警察に突き出されますよ。悪運強いね、一条君!

 

そこに敵襲です。早瀬大佐のかわりシャミー少尉の指揮のもと、マクロスは迎撃のための緊急のトランス・フォーメーションをおこないます。でも、慣れないシャミ―さんの指揮ですので、警報発令から変形までの時間的余裕がほとんどなく、市街は大混乱です。ブリッジに戻ろうとした早瀬大尉と一条君は、変形によって袋小路となった一角に閉じこめられてしまいました。

閉じ込められてしまった不甲斐なさをなじる早瀬大尉でしたが、一条君が拗ねて無口になると心細くなってしまいました。「何でもいいからしゃべってよぉ」と言う早瀬大尉に一条君も応えて、口喧嘩を再開した二人ですが、いくらか雰囲気が和らいでいます。罵り合いから、身の上話に話題が移っていきます。

話題が、ミンメイちゃんとのことや、ライバー少尉の想いで話になる頃には、ご覧のように肩を寄せ合うまでに接近する二人です。

 

 

戦闘が終わり袋小路から開放されたあと、職務に戻ろうとする一条君を早瀬大尉が引き留めます。トランスフォーメンションであちこちが壊れた街中をかたを並べて歩く二人。新しい展開が期待できそうです。

ところで、マクロス艦内に侵入したミリアです。自分を撃墜した男がすぐそばにいることに気付かずに通り過ぎてしまいます。マックスのほうも、”美人だな”と思ったのでしょう。目がしっかりミリアを追っていますね。