いまさら 超時空要塞マクロス 第19話 バースト・ポイント

第19話「バースト・ポイント」です。フォッカー先輩死亡の事実は、多くの人に衝撃を与えました。辛い現実を受け止めて一条君は成長していきます。彼は、フォッカー先輩の愛機VF-1Sを引継ぐことを決意します。

都市の上を低空飛行することで、統合軍司令部に圧力をかけるマクロス。グローバル艦長の狙いは、統合軍司令部へ民間人受け入れを認めさせることと、このやり取りを聞いて民間人の受け入れを申し出てくれる自治区が現れることでした。この狙いは的中し、北米のオンタリオ自治政府が民間人の受けいれを打診してきてくれました。グローバル艦長は早速マクロスの進路をオンタリオ自治区に向けさせます。

マクロスの喫茶ルームで一人フォッカーの想いでに浸るクローディアさん。一条君と世間話をする早瀬大尉。一方、ゼントラーディ側にも動きがあります。マクロス攻撃を主張するカムジンとそれを諫めるラプ・ラミズ。そこへミリアが訪れ、自身がマイクローン・スパイとなってマクロスに侵入することを進言します。彼女の狙いは、前回の空戦で彼女を圧倒したマックスとの再会でした。

オンタリオ自治区に到着したマクロスですが、ここでカムジン艦隊の襲撃にあいます。戦闘ポッドでECM (Electronic Counter Measures:電子対抗手段)を仕掛けてマクロスのレーダーを無力化し、その隙に戦艦を降下・接近させて砲撃戦を挑んできました。新開発の全方位バリアでカムジン艦隊の砲撃に対抗するマクロスですが、敵砲撃のエナルギー負荷によってしだいに不安定になっていきます。カムジン艦隊から加えられる容赦ない砲撃によって、とうとうバリアシステムは制御不能に陥いります。暴走したバリア・エネルギーは膨張をはじめ、巨大な衝撃波となってカムジン艦隊や上空のバルキリー部隊を飲み込み、マクロスを中心とした直径50kmの範囲の地上の都市を吹き飛ばしてしまいました。この惨事によって、マクロスはオンタリオ自治政府から民間人の受け入れを拒否されてしまいました。

戦闘の終了後、過労で倒れたミンメイちゃんを追いかける芸能レポーター達の前で、カイフンは戦争の無意味さを訴え、戦闘の停止を主張します。それを聞いて憤るクローディアさんと早瀬大尉。そりゃぁ止められるものなら止めたいですよね。そのころ過労で入院したミンメイちゃんは、病室から一条君に(見舞いの)お誘いの電話を入れるますが、部下の柿崎が戦死した直後で落ち込んでいる一条君にとっては、ミンメイちゃんの無邪気な態度はつらいものでした。一条君はミンメイちゃんの呼びかけに応えず、無言で電話を切るのでした。