いまさら 超時空要塞マクロス 第18話 パイン・サラダ

第18話「パイン・サラダ」です。今回は、悲しいことにロイさんが戦死してしまいます。たしかに、戦闘による負傷が原因でしたが、愛機をしっかり帰還させています。そして恋人との約束を守る姿勢に漢気を感じます。

空中戦による負傷で入院中の一条君は意識を取り戻しますが、頭部の負傷につき、しばらくは 入院するようです。お見舞い一番乗りは早瀬大尉でした。しっかりした大人の女性らしく自らのミスを素直に謝罪します。会話の様子から二人の距離は少しづつですが縮んでいるようです。続いてお見舞いにきたフォッカーさん、マックス、柿崎の3人組ですが、一条君の癇に障ったようで早々に退散です。それでも、頼れる先輩のフォッカーさんは一条君を元気づけようと、映画の撮影中のミンメイちゃんのところをおとずれ、一条君へのお見舞いをお願いしていました。この時にミンメイちゃんのスケジュールを調べてくれた恋人のクローディアさんには、お礼を兼ねて彼女の手料理のパイン・サラダを食べる約束をします。
ミンメイちゃんは一条君の病室を訪れたものの、お見舞いもそこそこにベッドの端で眠りこんでしまいました。一条君はミンメイちゃんとの距離が離れてゆくのを受け止めるしかありませんでした。

ゼントラーディ側では、ミリアがカムジンにお説教中です。ふてくされて負け惜しみを言うカムジンの「マクロスにすご腕がひとりいる」の言葉に興味を持ったミリアは、その相手と対戦するためにマクロスに攻撃を仕掛けます。乱戦の中、マックスのバルキリーの動きを見たミリアは、マックスこそがカムジンのいう「すご腕」であると認識します。早速、マックスに仕掛けるミリアノクァドラン・ローでしたが、マックスに押されてマクロス艦内に飛び込みます。マックスのバルキリーも追撃を続行しマクロス艦内での戦闘が始まります。艦内の居住区画への被害を避けるためグローバル艦長はハッチの開放を指示します。開いたハッチから艦外へでたクァドラン・ローをマックス機が追いかけますが、ブリッジからの命令を受けて、追撃は取り止められ戦闘は終了します。

この戦闘の最中、フォッカーさんは、ゼントラーディ側の不意うちを受けて被弾します。愛機VF-1Sバルキリーとともに自力で帰艦しましたが、深手を負ってしまいました。そして、恋人のクローディアの部屋でギターをつま弾きつつ、パイン・サラダができあがるのを待ちながら息絶えてしまいました。この訃報を、一条君は早瀬大尉から知らされることになりました。

今回登場したのは「ミンメイ人形」です。コミカルな動きで子供たちと「青い風」の3人の心を掴みました。