いまさら 超時空要塞マクロス 第17話 ファンタズム

第17話「ファンタズム」です。今回の話は、一条君の夢の中のお話です。前回、太平洋上の鳥島沖におけるマクロス防衛戦で、味方のミサイルに被弾、撃墜された一条君は、太平洋上で漂流しているところを回収されました。負傷した一条君は病院に搬送され意識不明につき治療中です。せっかくの夢の中ですが、一条君は撃墜王ではなく、墜落王(もしくは被撃墜王)となっています。

夢の中でミンメイちゃんのデビューコンサートに参加している一条君でしたが、そこにゼントラーディ軍の襲撃があり、ミンメイちゃんがさらわれてしまいました。「必ず助けにいくからな」と、バルキリーを奪取してミンメイちゃんの救出に向かった一条君ですが、あえなく撃墜されてしまいました。マクロスの艦内放送で、「・・・パイロットの腕が未熟のため逃亡に失敗、撃墜されました。」と言われ、周囲の嘲笑されてしまいます。次の方法として、フォッカー先輩に相談、軍に入隊します。軍の施設の前をフォッカー先輩と歩いているところに、早瀬大尉とブリッジクルーの一団と出くわし、ここでもばかにされてしまいます。

訓練に励み、適正試験に合格した一条君は晴れてバルキリーのパイロットとなります。早速バルキリーでミンメイちゃんの救出に向かいますが敵艦上に不時着、失敗してしまいます。懲りずに今度はアーマードバルキリーで出撃しますが、またまた失敗です。

バルキリーでダメなら自転車で!と、愛用の自転車で救出に向かいますが、これもあえなく失敗。艦内放送で「墜落王として名高い一条中尉は、自転車による人力宇宙飛行を試み、これに失敗いたしました。」と言われてしまいます。

失敗を繰り返す一条君のところに、早瀬大尉、マックス、柿崎の3人が協力を申し出ます。3人の協力を得て一条君は、敵司令官の手の上で歌うミンメイちゃんのところに辿り着くことができました。ブリタイだと思っていた敵司令官はじつはカイフンであり、軍人である一条君にミンメイちゃんを渡さないと告げます。一条君は軍服を破りすて、軍人をやめると宣言してカイフンからミンメイちゃんを奪い返しますが、マクロスに向かう途中で被弾、被弾でできた破孔からマクロス艦内に飛び込みました。

逃げこんだマクロスの閉鎖区画内でミンメイと唇をかさねようとした瞬間、

 

 

 

相手が早瀬大尉に入れかわり、「結局、あなたも軍人なのよ…」と告げられるところで夢からさめたのでした。

 

 

気のせいか、早瀬大尉(左図)の表情が柔らかく、可愛らしく思えますが気のせいでしょうか?この辺りは、一条君の早瀬大尉に対する関心が増してきていることを示している、のかもしれません。

 

いつもの(かたつむり)カールした髪型もよいですが、ストレートもGoodですね。