いまさら 超時空要塞マクロス 第15話 チャイナ・タウン

第15話「チャイナ・タウン」です。ゼントラーディ軍の包囲を突破して地球に帰還することができたマクロス。乗組員も収容されていた民間人も帰還を祝って(ダイダロス?の)甲板でお祭り騒ぎです。なまはげ似の仮装、爆竹、ロディオなど国際色豊かです。ハグ&キスをしているカップルも!「青い風」の3人も地球のお酒を飲んでいい感じに出来上がっています。

勤務を終えたクローディアさんは、お祭りに向かうと思いきや、ロイさんの部屋に合鍵を使って侵入です。この辺は大人の女性感を出していますね。

お祭りの最中、特別上陸許可を得たミンメイちゃんは、ミス・マクロスの賞品のファンライナーを一条君に操縦してもらって横浜の中華街の両親のもとへ帰省します。日頃のハードワークのせいで一条君との会話もそこそこに機内でお休みモードに入ってしまいました。統合政府の発表では、島民全員が死亡したことになっていたので、両親はびっくりするとともに大喜びです。そして幼ない頃から兄のように親しんでいた従兄リン・カイフンと再会します。この人、反戦活動家のようでして、一条君に対する態度にトゲがありますね。

いまや、マクロスで一番のアイドル歌手となったミンメイちゃんはプロらしくマクロスにもどろうとしますが、ご両親の猛反対にあってしまいます。しかし、カイフンがミンメイちゃんと共にマクロスに乗船することを提案してご両親の態度が軟化します。一条君はファンライナーの後部座席にミンメイちゃんとカイフンを乗せてマクロスへの帰艦の途につきました。

一方、グローバル艦長と早瀬大尉はアラスカの地球統合軍総司令部に出向いて、軍首脳部と面会します。なんと早瀬大尉の御父上も軍の首脳の一人だったのですね。早瀬大尉とグローバル艦長は、進宙式から地球帰還にいたるこれまでの経緯と、ゼントラーディ軍の戦力がいかに”圧倒的”なのかについて、今まで収集した情報とその考察を報告します。そしてその上で、ゼントラーディ軍との接触および停戦交渉を進めるよう提案しました。あわせて、マクロス艦内の避難民5万6千人の下船、受け入れを求めました。
しかしなんということでしょう。強硬姿勢をとる軍首脳部は、すべての要請を却下する一方でゼントラーディ軍の注意を引き付け時間を稼ぐよう命令します。「異星人と交戦中である」という未公表情報を知る避難民は、そのままマクロスとともに行動することを強要されてしまいました。

マクロスへの帰り道、早瀬大尉は父親からの手紙を読みます。娘を心配し、マクロスからの退艦を勧め、その便宜を図る旨を記してありましたが、早瀬大尉は一読の後、それを破り捨ててしまいました。

 

ところで、早瀬大尉とグローバル艦長が搭乗したVTOL機ですが、エンジンが翼の上についていましたね。

 

 

マクロスのTV放映があったころ、日本でも飛鳥というSTOL機の開発が行われていました(写真はJAXA ホームページより)。最近のホンダジェットも翼の上面にエンジンがありますよね。