いまさら 超時空要塞マクロス 第13話 ブルー・ウインド

第13話「ブルー・ウインド」です。今回はタイトルのブルー・ウインドは「青い風」の3人組と地球の風を掛け合わせたものでしょう。マクロスは、地球まで2日で到着できるところまで来ているのですが、ゼントラーディ軍の包囲を突破できずにいます。

マイクローン化して、スパイとしてマクロス艦内に潜入した3人に、「文化」や「男女共存」といった数々の衝撃が襲いかかります。人々が着ている衣服は全て「軍服」。女性オペレータたちの着替えをみて、「行先に合わせて軍服を替える」と驚いたり、コンダは誤って女性用のスカートをはいてしまったりと苦労していました。(衣服の入手のために入った先が女性用の更衣室なので、実は3人とも婦人服を着ていると思われます。)民間人が住んでいる区画を「重要区画」と勘違いしたり、ロリーは誤って道行く女性の胸を触ってしまい(これは故意ではなく明らかに事故なのですが)、平手打ちを食らってしまいました。彼らゼントラーディ人にとってマクロス市街地の、男女が共存する市民生活は、戸惑いとカルチャー・ショックの嵐だったのでしょう。

一方、マクロスに生還した早瀬中尉、一条君、マックス君と柿崎君の4人は、軍のお偉いさんの尋問をうけています。ですが、彼ら・彼女が見てきたことや早瀬中尉が自身の経験から導き出した仮説ははなかなか受け入れてもらえません。およそ自身の理解を超えたものが拒絶されるのは、どこの世界でも同じようです。それでも、グローバル艦長は他の軍のお偉いさんとは異なり、早瀬中尉の考えを受入れ支持しているように見受けられました。早瀬中尉の考えが、ゼントラーディ軍の行動の説明になっていることに気付いたようです。彼は半信半疑ながら、早瀬中尉の「ゼントラーディ側は地球人を『プロトカルチャー』と見なして全面攻撃をためらっている」という考に基づいて、マクロスを地球に向けて全力航行させ、敵包囲網の突破することを決意します。

お偉いさんに散々なことを言われましたが、早瀬さんは大尉に、一条君は中尉、マックスと柿崎の両名はともに少尉に昇進しました。苦労して情報を持ち帰ってきた功績を評価してもらえたのでしょう。おめでとうございます!帰還祝賀会では、4人揃って壇上に立ち、ミンメイちゃんから花束を贈られます。一条君に「お互い有名になっちゃたね」と囁いて頬にキスするミンメイちゃん。デビュー曲も披露します。

地球に向けて加速するマクロスに対し、カムジンは軍上層部の命令にそむいてマクロスを追撃、砲撃を加えますが、ラプ・ラミズ艦隊の妨害にあって攻撃を断念せざるをえなくなります。ゼントラーディ側の混乱に乗じてマクロスは包囲網を突破します。カムジン部隊の攻撃で傷ついたマクロスは太平洋上、鳥島沖に着水します。記念式典から9ヶ月、ついに地球への帰還をはたしたのでした。