いまさら 超時空要塞マクロス 第11話 ファースト・コンタクト

スポンサードリンク




第11話「ファースト・コンタクト」です。

前回、ブリタイ司令の仕掛けた罠にはまり、まんまと捕虜となってしまった早瀬中尉を助けようと敵艦内に侵入した一条、マックス、柿崎の3人ですが、脅威的な身体能力を持つブリタイ司令によって柿崎機、一条機が破壊されてしまいます。マックス機も一条機の爆発でできた破孔から艦外に出されてしまいます。結局、早瀬中尉、一条君および柿崎の3名は捕虜となってしまいました。

囚われの身となっても、早瀬中尉と一条君は相変わらずで口喧嘩を始めます。それを観察していたブリタイ司令とエキセドルは、3人をボドルザー司令長官の元へ連れていくことにしました。艦外に出されたマックスは、修理されずにあった破孔からバトロイドで艦内に再度侵入します。

長時間のフォールド航行の末、3人はボドル基幹艦隊の中心部まで連れてゆかれ、司令長官ボドルザーと対面(ファースト・コンタクト)、尋問をうけます。そこで3名は、ゼントラーディ軍のきわめて強大な戦力を目のあたりにするのでした。さらにゼントラーディ側には民間人(非戦闘員)が存在しないこと、戦うことが生きることである戦闘種族であることなどを知ることができました。さらに、地球人にとっては当然の男女の共同生活や、文化的創造活動をいっさい有しない種族であるらしいこともあきらかになりました。

早瀬中尉は尋問をうけながら、ゼントラーディ人にはない地球人の何かをボドルザーらが警戒しておりマクロスへ全面的な攻撃を仕掛けてこない理由だと直感しました。 男女の生活に関する尋問から、なりゆき上、早瀬中尉と一条君はボドルザーらの前でキスを実演することになりました。

キスを見たゼントラーディ側がうけた衝撃はきわめて大きく、驚愕したボドルザー(左の図)が思わず口にしたのは、「プロトカルチャー」という遠い昔に「文化」をもっていたとされる先祖をさす言葉でした。

3人が尋問を受けている一方で、ブリタイ艦内のマックスは偶然遭遇した敵兵を倒しその軍服を奪い、バトロイドに被せて敵兵に化けます。そして艦内の捜索中に3人を見つけました。

ちょうどおなじころ、マクロス艦内ではミンメイちゃんは歌手デビューを果たし、アイドルへの第一歩を踏みだしました。

この回のキスで恋の三角関係は、早瀬中尉が一歩リードというところでしょう。また、早瀬中尉の「1時間のフォールド航法は通常空間の10日間に相当する」と言っていました。と、いうことはマクロスがフォールドする前に試験を行っていたのですね。いくらなんでも1800万トンの戦艦でいきなり未知の航法(フォールド)は行いませんよね。