いまさら 超時空要塞マクロス 第10話 ブラインド・ゲーム

スポンサードリンク




第10話「ブラインド・ゲーム」です。ミス・マクロスに選ばれてスター街道を進むミンメイちゃんとすれ違いが多くてやるせない一条君。そこに、仕事上の関係から絡みが増えてきた早瀬中尉。マクロスにおいて欠かせない恋の三角関係もいよいよ・・・です。

ゼントラーディ軍はマクロスの情報収集のために偵察機を派遣したのですが、アーマードバルキリーとの戦闘で機体を破壊され、搭乗員は脱出に成功しましたが、記録データを回収できませんでした。生還した兵の報告は要領を得ず、ブリタイ司令はエキセドル参謀の提案を入れて、地球人の捕虜の獲得に向けて行動を起こします。

ゼントラーディ軍をなんとか振り切ろうとしていたマクロス側ですが、これをあきらめ、電波管制を緩めます。そして地球の統合作戦本部との通信に成功しますが、本部は「敵戦力の消耗をはかれ」とつまり時間稼ぎを命じてきました。

その間にも、ゼントラーディ側のの定期的な攻撃は続きます。その中で、損傷した柿崎機を心配して帰還を申請する一条君と早瀬中尉の間で口戦が始まります。「外の厳しさなんかわかっちゃいないんだろう」となじる一条君に「あなたも偉くなったものね」と早瀬中尉。この辺りは、外回りの営業 vs 内勤の庶務といったところでしょうか。このやり取りは後の早瀬中尉の行動への伏線です。

ゼントラーディ軍は準備が整い、マクロスの目であるレーダーを無効化する作戦を始めます。艦砲射撃で小惑星を破壊し、マクロス周辺を障害物だらけにしようとします。その中で、例のカムジンは、退役寸前の戦艦バクロレラを使って、直撃弾を放ちます。これが、ピンポイントバリヤを破り、レーダー管制室を破壊します。奇しくもブリタイ司令の作戦に貢献することとなりました。

ゼントラーディ軍は、リガードなどの戦闘ポッドでマクロスを包囲した後、降伏勧告を行います。ゼントラーディ側の動きを把握するため、グローバル艦長は偵察機による索敵を命じ、早瀬中尉はレーダーオペレータとして作戦に志願します。早瀬中尉は護衛の一条君たちバーミリオン小隊と出撃します。

この行動は、ブリタイ司令の狙いどおりでした。伏せておいたリガードで護衛のバルキリー隊を引き離し、偵察機の捕獲を試みます。不幸にして偵察機は小惑星の破片と接触し、パイロットは死亡、早瀬中尉は囚われて敵艦ノプティ・バガニス(ブリタイ艦)に連れ込まれます。敵の動きに気付いた一条君たちは敵艦内に突入し、早瀬中尉の奪取に成功します。しかし宇宙空間に放り出されたはずのブリタイ司令は艦内にもどり反撃を開始します。

通常の軍服のままで宇宙空間に放り出されても平気なブリタイ司令のタフさには驚かされますが、滑らかな動きで敵兵と格闘戦をこなしたバトロイドの動きにも驚かされました。どんな制御装置を積んでいるのでしょうか?これも異星人のオーバーテクノロジーの賜物なのでしょう。