ブログ

いまさら 超時空要塞マクロス

スポンサードリンク




超時空要塞マクロス。1982年に始まったアニメで、戦闘機からロボットに変形するVF-1バルキリーは超有名ですよね。一見、F-14似の戦闘機が人型のロボットに変形するだけではなく、その途中のGERWALKというVTOL機能を持つ形態で活躍するのも新鮮でした。テレビで見ていた時は、変形がすごいなぁ~とかミンメイがかわいいなくらいしかおもっていませんでした。カッコイイメカと主人公たちの三角関係が織りなす物語は他のロボットものとは違った趣でしたね。

放映終了してからはマクロスとは縁がない生活でした。が、最近いっしょに飲みにいくエンジニア仲間の一人がカラオケで必ずマクロスのオープニングテーマを歌うのです。カラオケの画面はなつかしいアニメのOPです(行きつけのお店のカラオケ画面がアニメOPなのです)。

そして「マクロスこの姿勢での主砲発射は初回限りだったよね」とか「GERWALKではエンジンストールしないの?」とか酔っ払いのアニメ談義が始まるのでした。これがきっかけでマクロスを見直してみようと思ったのです。(マクロス 第1話の話はこちら

見直してみて気が付いたのは、武器体系です。地球側のデストロイドは下回り(下半身)が共通で上部を変えれば、格闘戦、砲撃戦、防空戦に対応するものとなるのです。主役メカのバルキリーもA、D,JとSの各型がありますが、頭部を除けばほぼ同じに見えます。敵方も外部装着の武装を交換すれば、火力支援や偵察の任務に適したものとなるのです。そうです、敵も味方も”モジュール化”されているのです。モジュール化といえば自動車が、特にトヨタが有名ですが、80年代にすでにアニメの設定に取り入れられていたとは驚きです(というか自分が勉強していなかったと思い知らされました)。

アニメはアニメでしょうが、バルキリーのプラモデルで完全変形を実現したりする技術には感心させられます。機構の考案から生産技術との折り合いをつけての商品化など、バンダイさんの記事は機械設計をしている私にとってはプロジェクトXに出してほしいくらいの内容でした。特に脚部の変形機構は、ほんとうに脱帽ものです。

田宮のRCロボット製作セットを発見しました。

楽しい工作シリーズ No.216 RCロボット製作セットです。実は、2015年12月18日に6663円で購入していました。いまではアマゾンで19002円ですか?びっくりです。

このセットを購入した目的ですが、ずばり”ラジコンを作ってみよう”と思ったからです。はじめは”ロボット改造工作マニュアル(2)ラジコン6足インセクト”を読んでラジコン製作に挑戦したのですが、はんだ付けがうまくできずに部品を溶かしたり、回路上に溶けたはんだを落としてブリッジを作ってしまったりで上手く作れませんでした。前進の指示を出すとモーターが回転するのは良かったのですが、停止指示を出しても止まらずに動き続けていました。回路やプログラムをチェックしたのですが原因が分からずあえなくギブアップとなりました。機械系の部品はリモコン版として再生してしばらくは動かしていましたが、そのうちにお蔵入りとなりました。

この時の反省として、機械系に注力し電子工作は出来合いの部品を買うことにしました。そして、適当なものを物色していた時に見つけたのがこのRCロボット製作セットなのでした。

27MHzで4ch。ボタン操作のON/OFFのみなので、細かな操作は難しそうです。受信機は小型です。これなら、タイガーⅡとかなら1/35スケールの戦車でも搭載できるかもしれません。年配の方はご存知でしょうが、昔は1/35スケール戦車にはリモコン版があったのです。タンク工作セットのものと似た柔らかい素材でできた履帯が切れて悲しい思いをしていました。
問題は、受信機側は単3電池4本を収める電池ボックスでしょうか。モーターはFA130相当でしょうか。ノイズキラー用のコンデンサは付いていません。前回のモータにはノイズキラー用のコンデンサが付けてありますが、とりあえずノイズキラーはなしでいこうと思います。
こんなに人気なのに、田宮さんは再販しないのでしょうか?最近は、ラジコン機器の小型化も進んでいますので、値段以外での差別化が難しいのかもしれません。エアコンの効いている部屋に置いておいてあったのですが、1年も寝かせていたので動くかどうか不安です。スペアパーツの入手方法にも不安がありますが、まずはやってみようと思います。最近みているラブライブの好きなセリフ”取りあえずやってみる!”の精神で進めようと思います。

アニメにもメカにも関係ないけど・・・歯のメンテ

こんばんわ。一人です。

今日は、歯医者にいってきました。アニメの主人公はみなさん白い健康的な歯の持ち主ばかりです(たまに虫歯になって泣きわめく主人公もいますが)。私も、けっして虫歯などではなく、歯垢をとってもらうのと歯の汚れを落としてもらうために行ったのでした。

受付の事務員の人によれば、私が前回、歯垢を落としに来院したのは4年前だそうです。ということは、会社の歯科検診で何らかの指摘をうけたはずなのになぜいままでほっておいたのだろうか?と自己管理のまずさを棚にあげて、要件を伝えました。今回のポイントは、歯垢ではなく、”歯に黒くついた汚れを落とす”ことなのです。

数か月前に家人から指摘を受け、自分の歯がお歯黒みたいに黒くなっているのに気が付きました。これはまずいと思い、歯磨きの回数と磨く時間を増やしたけれども効果が見られませんでした。今年のGWは9連休で有休を使わずに歯医者にいけるので、予約をとっていざ汚れ落としです。

受付で要件を伝えると、”汚れ落とし(クリーニング)”は保険適用外と言われましたが、強気で”お願いします”と申し込みました。診察台に座って治療開始の前に再度看護士さん(?歯医者も看護士)に”保険適用外ですが施術しますか”と確認されましたが、もちろんここでも”お願いします”と一言。返答は”~。少し汚れが・・・。ついていますね。これは、基本料金+αです。”と言われてしまいました。

作業は、歯と歯茎の状態のチェックから、レントゲン撮影をして、虫歯の有無を確認しました。幸いに虫歯はなし、されど歯と歯茎の間に歯垢や歯石があるのと歯茎からの出血ありますね~と指摘されて、歯垢、歯石とりが始まりました。

つづいて汚れ落としです。研磨剤を使うとのことでしたが、よくわからんのでお任せしましたが、これがしょっぱいのです。塩で磨いているみたいな感覚でした。研磨剤で汚れを落とした後にコンパウンドで仕上げ磨きをしてもらいました。

最後に、今回の診断結果と歯の磨き方についてアドバイスを受けて終了です。時計をみたら、2時間経過していました。やっぱり、4年もほったらかしにしてはいけませんね。これからは、こまめに歯医者にいくことにしましょう。代金は歯垢とりが5000円、クリーニングが7000円の計12000円でした。

アニメ好きとメカ好きと

こんにちは。一人です。

職場で同僚と趣味の話で盛り上がることはありますよね?(一人では独り言ですが・・・そこは突っ込まないでください)そんななか、「アニメが好き」と言うと微妙な空気になることがよくあります。

ところが、「車が好き」「バイクが好き」というと、「私も」というリアクションがかえってくることが多いです。「飛行機」「船」、たまに「建設機械」でもOKなことが多いです。

でも「アニメ」だと微妙になります。アニメだって、メカは沢山でてきます。飛行機だって、船だって、最近はロボットもパワードスーツ(モビルスーツ含む)もでてきます。理論的には?がつくところが多いけど、それでも最近のメカは”あと何年かしたら現実になるのでは”と思わせるものが増えてきていると思います。

ある日、知人と飲む機会がありまして、最近のアニメは魔法と女の子に占領されていると嘆いていました。言われてい見ると、最近、魔法ものばかりみているなぁと。

周囲の人は「アニメ」といえばメカよりも他のものを思い浮かべることが多いのでしょう。個人的には、人の想いが「アニメ」でビジュアル化し、その先に物質化(現実化)すると思うのです。いつか独創的なものを描いてやる!

と、独り言でした。

Hello world!

こんばんわ。一人です。

今日も一日、時々接続が切れるサーバーと格闘しながらCADでモデルを作っていました。サーバーでデータを管理するようになって、大勢での協働作業は楽になったのかな?一部の横紙破りな輩のおかげで、いらぬ摩擦を生じたりします。不機嫌なサーバー様にも困ったものです。